名古屋市営地下鉄「新瑞橋」駅にある、地下鉄展示ミニコーナー

地下鉄「新瑞橋(あらたまばし)」駅

こんにちは、スズキ(@acogale)です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

名古屋で走っている地下鉄は、6種類

  1. 東山線
  2. 名城線
  3. 名港線
  4. 鶴舞線
  5. 桜通線
  6. 上飯田線

その中で、2番の名城線と、5番の桜通線の乗換駅があります。
今回ご紹介する「新瑞橋(あらたまばし)」駅です。

各線の乗り換えでよく使う駅ですが。
改札を出たところにミニ展示コーナーがありましたのでご紹介します。

ミニ展示コーナー発見

化粧室が近くにある「西改札口」を出て左側に進むと、いきなり登場します。

桜通線カラーで装飾された台の上に乗っているパンタグラフの展示。
周囲にカバーも囲いも何もない。
ペタペタ触れる距離にパンタグラフが置いてあるんです。

近すぎてテンション上がっちゃいます。

無造作に置かれた車輪

その隣にあるのは車輪。

説明によると

東山線、名城線の車両に比べ桜通線、鶴舞線の車両は大きく、重量もある

なんですと!!
桜通線の車両はでかいのか、、、あんなに空いている路線なのに。

ということで、左側が桜通線・鶴舞線の車輪、右側が東山線・名城線の車輪だそうです。
フローリング柄のビニールマットの上に、無造作に置いてありました。
これも囲いが無いので、リアルに目の前で見ることができます。

信号は点灯する

東山線で使われている信号の展示もありました。
手元にボタンが用意されており、ちゃんと点灯します。

よくある信号以外に、灯列式信号機もあります。
こちらは車庫で使われるんですね。
もちろん、点灯用のボタン付き。

ショーケースによる展示も

第三軌条方式の集電靴の展示があったり、ショーケースの中にはメーター、表示板などの展示もされていました。

わざわざ行くとガッカリするけど

展示はこれだけです。
パンフレットも、説明員さんもなし。
信号を点灯させて遊んで、パンタグラフをリアルに見てくるだけ。

新瑞橋という駅を利用した際に立ち寄るのが良いと思います
わざわざ行くと、30秒ほどで見終わってしまいますので。

毎月8日、土日祝日は600円で市バス・地下鉄に乗れるきっぷも発売されています。
どこかに行く途中で、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

場所:地下鉄「新瑞橋」駅改札外
営業時間:不明(地下鉄運行時間内かと思われます)
入場料:無料