建築士に憧れて、建物の魅力を感じる #建築とわたし

冒頭の写真。
有名建築士が設計した建物で、一級建築士を写す。

僕が彼のことを好きなのは、一級建築士だから。
資格や肩書きで人の善し悪しを決めるわけではないが、一級建築士はすごい。

実務経験が必須なので、やっぱりスゴい。
そんな彼が座っていたのは、隈研吾氏が設計した建物の中だった。

 

建築の良さはいくつもある。
平面の紙に描かれた線が、立体的になる。

立体的になったそれは、その場から動かない。
数十年という月日を、ともに歩んでいくことになる。

手のひらサイズのキャンバスに絵を描くだけでも迷うのに。数百メートルにもなる建物の図面を引けることがいい。

数十年という月日。
料理やヘアスタイルのように、あっという間に無くなってしまうものがある中で、建築はゆっくりと時間が流れている。

といいながらも、あっという間に消えてしまうことも。
ずっとそこにあるんだから。と思っていたら、取り壊された、地震や火災で無くなってしまった。

あっという間に無くなってしまうのも、建築の面白いところ。

 

僕が東京にいったとき。

やっぱり気になるのは建築物だった。銀座にいったときは、SEIKOの時計を眺め、中銀カプセルタワービルを見に行ったものだ。
大きな建物でも、細やかなな気遣いが。やっぱり建築が好きだったりする。

大きさと丁寧さ、朽ちていくまでの時間。いろんなギャップがあるから、特にお気に入りなのだろう。

衣食住と言われる中の「住」を担う建築。すぐには無くならない。僕が生きている間、どれだけ変化していくのか。それも楽しみだったりする。