マリンライナーで瀬戸大橋を渡る

香川県で開催されたWordCamp男木島へ行くために、岡山駅からマリンライナーに乗車。
マリンライナーの紹介は、別の記事でしたところなので今回は瀬戸大橋を眺める路線について。

マリンライナー15号で高松へ

今回乗車したのはマリンライナー15号。
岡山駅を09:05に出発し高松駅に9:59に到着する。
マリンライナーには3種類の指定席と自由席が存在する。
その中でも4席しか提供がないパノラマシートの指定席券が手に入った。
裏技でもなんでもなく、ただ空いていたのだ。

進行方向向かって左側、運転席の真後ろから瀬戸大橋の様子をお送りしたい。

岡山駅には08:45入線、児島駅までの運転手さん

手元にある時刻表を見てみると、岡山駅には08:45に入線するらしい。
09:05に出発し、JR西日本の運転手さんは児島駅までの担当のようだ。

岡山駅を出ると、新幹線との立体交差

岡山駅を出てすぐ、新幹線の高架下をくぐる。
タイミングがよければ新幹線を見ることも。

しばらくの間、マリンライナーは高架を走るようだ。
瀬戸大橋線は一部区間が高架になっている。専用線路な雰囲気でテンション高め。

途中停車駅は、早島、茶屋町、児島、坂出

快速マリンライナー15号が停まる駅は4つ。
のどかな車窓を眺めながら、次の停車駅までを楽しむことに。

快速マリンライナー130km/hのパワー

快速列車としては国内でも速い部類に入る。
時速130kmで走行する列車にわくわくしながら、といっても直前では時速300kmの新幹線に乗っていたので「まぁこんなものか」という程度に終わってしまった。

児島駅に着くとJR四国の運転手さんに

児島駅で乗務員の交代がある。
ここからはJR四国の運転手さんと車掌さんが担当してくださるようだ。

車内には手元を照らしてくれるスポットライト

これもオシャレな車両ならでは。
頭の上にはダウンライトがあり、手元を明るくしてくれる。
夜は夜の楽しみ方がありそうだ。

いよいよ瀬戸大橋!!!

よく見る写真が撮れて大満足。
おおよそ80km/h前後の速度で瀬戸大橋を渡る。

左手には松島を眺めながら

瀬戸内に浮かぶ島がなんとも素敵な雰囲気

直線で架けられている橋がずっと先まで見えるのも、パノラマシートの特権です

デッキから進行方向右側を。
大型船が進んでいる姿は圧巻。

高速道路と共用の橋ならでは。
途中でインターチェンジがあるので、間近に見えるクルマにも興奮。

橋を渡ったところで、電車の上を走っていた高速道路が分離する。

坂出駅前で3方向に分岐する

向かって右側に丸亀市、向かって左側に高松市がある。
右側の線路は四国から岡山へ行く列車用
真ん中の線路は丸亀方面へ
左側の線路は高松方面へ

京葉線の二俣新町、近鉄の伊勢中川、名鉄の西枇杷島のようなイメージだ。

坂出の手前には、地元っぽいスーパーも見ることができる。

途中、空港リムジンバスと併走することも。

坂出を過ぎると、今までの高架は無くなり、ザ・線路。といった雰囲気に。

大雨の影響で運休になっているサンライズ瀬戸を高松駅手前で発見。

定刻通り、高松駅に到着

高松駅は行き止まりホーム。
細心の注意で電車を運転している。

ビバ高松!!

無事に快速マリンライナー15号は高松駅に到着。
岡山駅からおよそ1時間と長距離乗車だったが、瀬戸大橋にわくわくしていたらあっという間だった。
天気もよく、運よく取れたパノラマ席で瀬戸大橋を満喫できたのだ。

生きることは動くこと

岡山→高松 マリンライナー15号
移動距離…71.8km 乗車券…7,210円(名古屋~高松)、グリーン指定席…980円

※岡山→高松の運賃は1,510円