近鉄名古屋から大阪難波へ。伊勢中川で乗り換える近鉄特急

近鉄名古屋から大阪難波へ。伊勢中川で乗り換える近鉄特急
スポンサーリンク

こんにちは、スズキです。「生きることは動くこと」をテーマにあちこちに飛び回っています。今回は近鉄特急に乗って、名古屋から大阪へ。タッチの差でアーバンライナーに乗れなかったため、伊勢志摩ライナーと一般特急(乙)に乗っての移動です。

15:10発の伊勢志摩ライナー

名古屋から大阪に行く際、近鉄特急を使うのであればアーバンライナーが有名です。毎時00分に出るアーバンライナーは、近鉄名古屋、津、鶴橋、大阪上本町、大阪難波と、停車駅が少なく重宝しているのですが。

今回は、それに間に合わず、15時10分発の賢島行の伊勢志摩ライナーに乗ることにしました。途中、伊勢中川駅で大阪難波行き特急に乗り換えです。

4番線から発車、伊勢中川へ向かう

時間に追われながら近鉄名古屋駅に到着。特急券はスマホでの購入を済ませていたので、あとは車内に乗り込むだけだ。

アーバンライナーは5番線から発車するが、伊勢志摩ライナーは4番線から。

最後尾の車両はデラックスシート

アーバンライナーでも伊勢志摩ライナーでも、名古屋方面側の1両はデラックスシートになっている。1+2席のレイアウトでゆったり座って移動ができる。

今回は近鉄名古屋から伊勢中川間のみデラックスシートを利用。追加料金は+210円とびっくりするくらいオトクなのだ。

近鉄名古屋~伊勢中川間の乗車率は3割程度

休日の昼過ぎということもあり、これから出掛ける人は少ないし、帰ってくるには早い時間なのだろう。また、大阪へ行くのであればアーバンライナーを使う。ということで、車内は空席が目立つ。ゆったりと移動できたので幸せだった。

伊勢志摩ライナーの展望席

運転席/車掌席の車両側はガラス張りになっており、運転している風景や景色がよく見える。この写真は最後尾の様子を写したもの。

伊勢中川駅に停車する直前で、左側に分岐しているのは名阪直通の特急等が通る中川短絡線だ。アーバンライナーは、中川短絡線を通過していく。

伊勢中川駅での乗り換えは、向かいのホームに

時刻表を見ると乗り換え時間がほとんどないのだ。

列車到着時刻出発時刻
近鉄名古屋→伊勢中川→賢島16:1016:11
五十鈴川→伊勢中川→大阪難波16:1016:11

ただ、ありがたいことに向かいのホームに止まっている特急に乗り換えるだけ。伊勢中川駅で乗り換えることを想定しているため、少しの遅れであれば待ってくれています。ささっと乗り換えれば、全く問題ありません。

ただ気を付けておきたいのは、号車番号がバラバラだったこと。
左側の伊勢志摩ライナーは手前側が1号車で奥側が6号車、右側に止まっている大阪難波行きの特急は手前側が4号車で奥側が1号車です。1号車と1号車、みたいな購入をすると、車両の端から端まで歩くことに。

ここからは、いつも通りの近鉄特急

無事に乗り換えを済ませた近鉄特急。かつては、近鉄名古屋~伊勢中川間と、伊勢中川~大阪難波間の線路幅が違ったので伊勢中川駅での乗り換えが必須だった。今から70年ほど前のことですが。

いつもの新ノ口連絡線を横目に

伊賀神戸や名張にも停車する16時11分、伊勢中川発の近鉄特急。17時02分には大和八木駅に停車する。

大和八木駅を出発してすぐに見えるのは新ノ口連絡線。大阪線と橿原線を結ぶ線路になっている。

車窓を眺めていたら、布施駅の手前

夕暮れの時間とマッチした今回の移動。赤く染まっていく風景を眺めていたら、もう布施駅の高架橋が見えてくる。もうすぐ大阪だ。

定刻で大阪難波に到着

無事に大阪難波に到着。近鉄名古屋を15時10分に出発し、大阪難波に到着したのは17時37分。所要時間は2時間27分だ。

これが15時00分のアーバンライナーに乗っていたら。17時08分に大阪難波に到着、所要時間は2時間8分と今回よりも20分近く早く着く。

生きることは動くこと

近鉄名古屋~大阪上本町
料金…4,370円
 2,360円(運賃)+1,800円(特急券当日割引)+210円(デラックスシート/近鉄名古屋~伊勢中川間)
距離…189.7km
CPK…23.0円
(※Cost per Kilometer)