品川から名古屋へ のぞみ427号の15号車1番A席

品川駅から名古屋に、新幹線で移動

こんにちは、スズキです。「生きることは動くこと」をテーマに、週末はあちこち飛び回っています。
今回は、青森に行った帰りの話。渋谷に立ち寄った後、品川から名古屋へ移動です。

のぞみ400番台に乗るために時間調整

乗りたい電車があるので、品川駅で50分ほどの時間ができてしまいました。
新幹線の中で駅弁を食べるのが恒例ですが、今回は駅そばにチャレンジ。品川駅構内、エキュート品川サウスにある「吉利庵(きちりあん)」へ。

常盤軒のお店らしいですが、オシャレな立ち食い蕎麦。

冷やしかき揚げ温玉そば(600円)、単品きつね(70円)、めん大盛り(150円)だったような。
リーズナブルなお値段で、お腹いっぱい食べることができました。

かき揚げのボリュームにはびっくりです。高さがしっかりあるタイプですね。

特定日運転ののぞみ427号に乗車

東海道新幹線では「のぞみ」「ひかり」「こだま」の種別にプラスして、数字3桁で号数が付いています。
のぞみ32号、ひかり537号、こだま634号といったイメージです。

今回乗車するのは「のぞみ427号」新大阪行き。
移動に慣れている人なら、この選択の意味を分かってもらえると思いますが、ポイントは2つ
・新大阪行き
・のぞみ号の400番台

できるだけ乗り換えを減らしたいというのが一般的な考えなので、長距離を走る新幹線のほうが混みやすいです。
博多行きや広島行きのほうが混雑する可能性があるので、あえて新大阪行きを選択。

また、のぞみ号の400番台は毎日運行しない臨時列車なので、選ばない人が多い。
東京発、新大阪止まりののぞみ号であれば、200番台後半~400番台が臨時列車扱いだ。
ということで、快適に帰るために、のぞみ427号を選ぶことに。ちなみに、こののぞみ427号は金曜日と日曜日しか運転していない。土曜日の時刻表には掲載されていない編成になる。

ちなみに品川駅発の前後の列車を見てみると

20:37発 のぞみ133号 岡山行き 毎日運転
20:47発 のぞみ425号 新大阪行き 特定日運転
20:54発 のぞみ427号 新大阪行き 特定日運転
20:57発 のぞみ135号 姫路行き 毎日運転
20:07発 のぞみ261号 新大阪行き 毎日運転

毎日運転の定期列車に挟まれて、新大阪行きの特定日運転列車が2本、しかも発車間隔も狭い。
ということでのぞみ427号を選択。

もちろん座席はいつも通り、15号車1番A席に。

N700系車両なので喫煙席はなく、全席禁煙に。
定刻通りに列車がきました。

右、右後ろ、真後ろ、誰もいない!!

品川駅を出たところで新横浜~名古屋間で、EX-ICの座席チェックをしてみると、
隣も後ろも予約無し、これで快適に過ごすことができました。
フルリクライニングでゆったり帰ってきたわけです。

快適な車内、眠れない車内

座席をいっぱいに倒しても怒られない、前の人がいないので圧迫感もない。
そんなのぞみ427号の15号車1番A席で帰ってきたんですが、乗車中に気付いたことが。

「名古屋が終点ではない」

ということでした。東京から新幹線で帰ってくるとき、こだまのグリーン車か、ひかり537号、ひかり539号に乗ることが多かった。どれも名古屋止まりなんですね。

今回は新大阪止まりなので、寝過ごしたら京都、新大阪。その恐怖に怯えながら、無事に名古屋で下車。

「名古屋」の看板を見て、一安心でした。

乗車していたのぞみ427号は、このまま新大阪まで突っ走ります。22時29分に名古屋を出発すると、23時05分に京都、23時19分に新大阪に到着です。

生きることは動くこと

品川~名古屋間を東海道新幹線指定席で。
運賃…12,310円(八戸~名古屋)、4,830円(指定席)
距離…359km
CPK…26.0円(東京~名古屋間運賃を、4,514円相当として計算)
(※Cost per Kilometer)