BUMP OF CHICKENの「車輪の唄」ゲームで三重県鳥羽市をご紹介

車輪の唄との出会い

好きな音楽アーティストは誰ですか?
と聞かれたら、BUMP OF CHICKENと答えるかもしれません。

10年以上前に、川原君という友人に勧められて買ったアルバムがBUMP OF CHICKENの「ユグドラシル」でした。
特に気に入って聴いていたのは8トラック目の「車輪の唄」
その中のフレーズがずっと僕の頭の片隅にいたんですね。

BUMP OF CHICKENの「ユグドラシル

「券売機で一番端の一番高い切符が行く町」

BUMP OF CHICKENの車輪の唄にあるフレーズ。

券売機で一番端の一番高い切符が行く町

歌の中では、「(を)僕はよく知らない」と続きます。

このフレーズが気になって気になって、「自分が使っている駅では何駅になるんだろう」とずっと考えていたんです。
駅に行ったとき、思い出せばチェックできるんですけど、そんなこともなく月日は流れ。
先日、やっとチェックすることができました。

鳥羽駅が一番端っこ

写真の通り、名古屋駅の運賃表で一番端の一番高い切符は「鳥羽駅行き」の切符でした。

ここで大きな問題が発生するんですね。
鳥羽のことはよく知らないけど、何度か行ったことがあるんです。
せっかくなので、何度か行ったことがある鳥羽について、ちょっとまとめてみました。

「快速みえ」に乗って

名古屋からだと鳥羽まではJR東海または近鉄で行くことができます。
今回はJRの快速みえに乗って、鳥羽に向かいます。
名古屋駅を出発し約2時間、ようやく鳥羽駅に到着です。

こざっぱりとした鳥羽駅

JR参宮線の終着駅でもある鳥羽駅。
近鉄との共同駅になっています。

ワイワイ賑やかな印象はなく、静かに落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

一方で近鉄のホームは賑わっていますよ。

僕がJRを使うのはお値打ちな切符があるから。
青空フリーパス」を使えば、名古屋からだけでなく、米原、豊橋、飯田、下呂、多治見からでも、鳥羽まで往復2,570円です(※土日祝限定、要条件確認)

鳥羽駅の周りには

鳥羽駅の周りには、かわいい駅前商店街に、バス乗り場、定期船乗り場があります。

市が運営する定期航路があります。

徒歩圏内にはミキモト真珠と、鳥羽水族館も。
目の前は海なので船もたくさん。

足湯や噴水まで

駅から徒歩数分のところには足湯もあります。
タオルを持参すれば無料で浸かることができますよ。

素敵なカフェも

Cafe MUSEA
ハンドドリップでコーヒーを淹れてくれる優しいカフェ。
僕の癒しスポットなんですよ。

ミュゼア ジェネラルストア&カフェ
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽3-5-24
0599-37-7211

近鉄を観ながらコーヒーが飲めますよ、鉄分多めです。

車輪の唄ゲームをやりたくなる

改めて、車輪の唄ゲームで鳥羽に行きたくなりました。
心地よい風に、海の匂い、遠くに見えるフェリー。

僕のパワースポットなんで、またエネルギーをもらいにいきます。