伝七邸(三重県四日市市)と100年伝統継承倶楽部

こんんちは、スズキ(@acogale)です。
ご縁があって、面白いイベントに参加してきました。

100年伝統承継倶楽部が主催する「100年未来会合」
今日はロボットについての講演があるとのことで。

会場となった三重県四日市市にある伝七邸に行ってきました。

料亭浜松茂から100年伝統継承倶楽部へ

今回お邪魔した伝七邸。
約120年前の1896年、現在の場所に移設された伝七邸。
その後1906年より料亭 浜松茂として使用されてきたという。

後継者不足により閉店した浜松茂。
「明治の偉人の志を受け継ぎ、新たな未来へ」
ということで、この場所を100年伝統継承倶楽部の活動拠点としたようだ。

趣のある建物

有形文化財に指定されている伝七邸。
つい先日まで料亭があったことを思わせる。

廊下から見える中庭や、舞台がある大広間。

歴史を感じさせる建物にワクワクしてしまうのだ。

セミナー、講演会イベントも

伝七邸ではセミナーや講演会のイベントも開催される。
今日、お邪魔したときは

100年未来会合「ロボットと人間の共存未来を考える」
をテーマに、ロボットやAIについての講演があったのだ。

優れた伝統や歴史を守り、次の世代に引き継ぐ。
という100年伝統継承倶楽部の考えのイベントが、毎月開催されるという。

首を突っ込みたくなった

面白い。
伝統を残すこと、伝統を伝えていくこと。

自分自身が最近は先へ、先へと考えているところがあった。
良い意味で、一度立ち止まらせてくれるような気がする。

伝七邸も素敵だ。
文化財だけのことはある。

歴史の空気を感じられる場所で、未来の話もする。
これからどうなっていくのか、非常に楽しみなんですよね。

少しの間、追いかけてみようと思うところです。
東京や大阪を攻めるのもいいけど、三重県四日市市も忘れちゃいけませんね。

リンク

100年伝統継承倶楽部