近鉄の割引で名古屋~大阪を格安移動!片道3,290円相当、2019年1月9日から

2018年12月5日、近鉄からニュースリリースが発表されました。

大阪~名古屋間の特急がさらにお得になります!

チケレス割が12月で終了するにあたって、次に発表されたのは、大阪難波~近鉄名古屋の割引きっぷ。
乗車券+特急券が3,290円相当、定価は4,260円なので970円引、約22%オフになったのだ。

発表されている情報によると、この割引は2019年9月30日までとのこと(※2019年2月25日現在)
プレスリリース(名阪チケレス割)
プレスリリース(名阪ビジネス回数きっぷ)

定価割引
乗車券2,360円名阪ビジネス回数きっぷ
14枚23,600円
1,690円相当
特急券1,900円名阪チケレス割
1,600円(前日までに購入)
合計4,260円3,290円相当
デラックスシート+510円+510円

変わったのは、運賃と特急料金が別

運賃部分は回数券にて提供。10回分の運賃で14回の乗車券が。1回当たり1,690円相当
特急料金はインターネットによるチケットレスサービスで前日までの購入だと300円引きの1,600円になる。

デラックスシートは大阪難波~近鉄名古屋間で+510円

名阪まる得きっぷと違うところ

名阪まる得きっぷのときは、運賃と特急料金が1枚にまとまっていた。実際に使うときは有人窓口に並び座席指定を受けていたのだ。インターネットで特急券が買えるものの、名阪まる得きっぷには適用できなかったので、行列に並ばないといけなかった。

今回の回数券+チケレス割だと、特急の指定席はスマホで購入することができるから、行列に並ぶ必要が無い。これは利用者として大きなメリットだ。

旧チケレス割と違うところ

2018年9月からは名阪チケレス割が使えるようになった。1週間前までの購入で900円オフになる。問題は列車や座席変更ができないこと。払い戻し扱いになり500円必要だ。今回の名阪チケレス割は、3回まで列車変更できる。が、割引は300円オフに。当日購入の場合は100円オフに。

たぶん金券ショップが頑張ってくれる

個人的見解だけど、回数券は金券ショップで取り扱うのではないだろうか。1枚当たり1,690円、金券ショップの利益もあるので1,800円程度で売り出すのでは。どうなるかは、2019年1月7日以降のお楽しみ。リーズナブルに大阪に行けるなら、近鉄をもっと使うだろう。

近鉄ホームページはこちら