東海道新幹線のお得な乗り方。ICカードを駆使してお値打ちに移動しよう。

50年以上も前に開通した東海道新幹線。
東京~名古屋~新大阪を結ぶ新幹線は、ドル箱路線なのだ。

無理に値引きをしなくても利用してくれる人がたくさんいる。
特にビジネス客がたくさんつかってくれるから、強気のサービスが多いんですね。

そんな東海道新幹線にお値打ちに乗るなら。
色々なきっぷや旅行パックがありますが、僕の一番のおススメはICカードで乗ることです。

新幹線のICカード

新幹線のICカードは、

  1. エクスプレス予約
  2. プラスEX

の2種類があります。
どちらもクレジットカードです。

エクスプレス予約のクレジットカードは、JR東海が。
プラスEXのクレジットカードは、今お使いのクレジットカードに付帯できるサービスです。
お持ちのカードが対象かどうかは、公式サイトのこちら判断できます。

お得な割引

ひかり号、こだま号であれば、3日前の予約で大幅に割引されます。

例えばひかり号

東京~名古屋であれば
指定席9,770円(▲1,320円)、グリーン席11,830円(▲2,850円)で利用できます。

東京~新大阪であれば
指定席12,340円(▲2,110円)、グリーン席14,400円(▲4,830円)で利用できます。

例えばこだま号

こだま号は各駅停車なので時間がかかりますが、グリーン車を使うことができます。

東京~名古屋であれば9,000円で利用できます。
普通指定席より1,880円お値打ちに利用でき、しかも座席はグリーン車。

東京~名古屋であれば11,200円で利用できます。
普通指定席より2,940円お値打ちに利用でき、しかも座席はグリーン車。

何より素晴らしいのはキャンセルできる

3日前に買うことで、オトクになることは分かったけど、もし乗り遅れたら。
普通の切符であれば、ただの紙切れになってしまう。
それはそれでリスキーではないだろうか。

ただこのICカードを使った予約サービスは、直前キャンセルができるんですね。
出発時刻までであれば数百円負担するだけでいい。
これが一番のメリットです。

僕も先日、品川から名古屋に向けて乗る予定でした。
こだまのグリーン車を予約しておいたんです。

道が渋滞していて、間に合わなかった。
あと5分早く着けば、、、、、というところでした。

幸いなことにスマホが使えましたので、指定時刻までにキャンセル。
300円ちょっとの負担はありましたが、スマホからキャンセルできるんです。

その後、後続の列車の予約をしました。
キャンセルせずに「変更」という手もありましたね。

予定を立てるけど、予定通りにいかない人へ

新幹線に乗るとき、結構いいお値段しますよね。
安く乗りたいから割引を駆使する。

割引切符で乗れなかったとき、逆に負担が増えてしまう。
そんなことがないように、ICカードを使えばいいんですよ。

大きな損失にならないように、僕はICカードを使うことにしています。
自分の行動スタイルに合った方法、早く見つかるといいですね。

JR東海の公式サイトはこちら