姫路-博多が新幹線で6,300円!! 55%OFF、JTBで買える「トク得!ひかり・こだま」オトクに移動しよう

姫路-博多が新幹線で6,300円!! 55%OFF、JTBで買える「トク得!ひかり・こだま」オトクに移動しよう

同じクオリティのものを定価の55%OFFで買えるとしたら。

JTBが販売している「トク得!ひかり・こだま」きっぷ(旅行)は、券売機で買ったきっぷの55%OFF、兵庫県姫路市の姫路駅から福岡県福岡市の博多駅まで6,300円で移動することができる。

利用できるのは、特定のひかり号、こだま号に限るが、券売機で買った場合は14,010円なので、ずいぶんとオトクに移動することができる。

条件や注意事項があるので、購入前には充分に気を付けよう。

きっぷじゃない??トク得!ひかり・こだまの注意事項は次の5つ

定価よりも大幅に安いということは、何かしらのデメリットもある。そのデメリットを理解したうえで購入したい。トク得!ひかり・こだまは「きっぷ」ではなく「募集型企画旅行」だ。JRの券売機で買うきっぷとは条件が大きく違うので気を付けよう。

注意事項は次の5つ

  • 指定した列車・座席以外は乗車券も特急券も使用することはできない
  • 座席の場所を選ぶことはできない
  • 列車の変更は購入店舗でのみ「同一日」「同一区間」「同一設備」であれば1回だけできる
  • キャンセル料がかかる
  • 前日までに購入する必要があり、店頭販売は関西2府4県のみ

指定した列車・座席以外は乗車券も特急券も使用することはできない

通常のきっぷであれば、指定した列車でなくても、乗車券分が有効だったり、後続列車の自由席に乗れたりと、何かあった際のフォローがしやすいが、このトク得!ひかり・こだまはそれができない。

指定された列車、座席しか使えないのだ。後続自由席も使えないし、途中下車もできない。乗り遅れた場合は、全額払って新しいきっぷを買うことになる。

座席の場所を選ぶことはできない

指定席をシートマップから選ぶことができない。窓側、通路側の選択も無理だ。すべて「おまかせ」で座席を用意してもらうことになる。

窓口で購入する際に、それとなく依頼することができるかもしれないが、そのときは運が良かっただけだろう。

列車の変更は購入店舗でのみ「同一日」「同一区間」「同一設備」であれば1回だけできる

列車の変更にも制限がある。同一日、同一区間、同一設備の場合のみ変更ができる。同一設備というのは、普通車指定席/グリーン車指定席ということだろう。

また、その変更ができる場所は購入店舗に限られてしまう。JRの駅で簡単に変更できるわけではないので注意が必要だ。

キャンセル料がかかる

JRが発売している通常の指定席券の場合は、
・乗車券…220円
・指定席(2日前まで)…330円
・指定席(前日~出発時刻)…30%(最低330円)

かかるが、トク得!ひかり・こだまは旅行商品なので10日前から取消料が20%かかる。旅行開始の前日だと40%かかるのだ。

予定変更が発生しそうな場合は、このきっぷは使わないほうがよさそうだ。

前日までに購入する必要があり、店頭販売は関西2府4県のみ

購入方法は
1.インターネット
2.電話
3.JTB窓口

の3つがある。1の場合はお届け先住所を出発される5日前までの受付、2の場合は5日前まで、3の場合は前日までとなっている。

またJTBの店舗はどこでもよい、というわけではなく、2府4県のJTBに限るので注意が必要だ。

僕は今回、店頭で購入したが、ちょうど関西方面に行く用事があったので、その時に申し込んだ。

制限はあるけれど、いつも通りの新幹線

予約や変更・取消などに制限はあるものの、乗ることができる新幹線はいつも通りの新幹線。
指定列車など、ちょうどいいものがあれば、半額以下で乗ることができるのは大きなメリットだろう。

予定変更の可能性があるかどうか、変更がないのであれば「トク得!ひかり・こだま」は最有力候補の移動手段になること、間違いなしだ。