名古屋-大阪を新幹線で格安移動するには

名古屋-大阪の格安移動について

こんにちは、スズキ(@acogale)です。
名古屋と大阪をできるだけお値打ちに移動するには。

在来線や近鉄特急、高速バスがありますが、できるだけ早く移動したい。
新幹線のお値打ちきっぷを駆使して、安く行けないだろうか。

そんなあなたに、オトクなきっぷ情報をお伝えします。
下に読み進めていくにつれて、安くなります。

まずは、一番基本のきっぷ

券売機で切符を買う

自由席…5,830円
指定席…6,560円
グリーン席…8,790円

メリットは、いつでも買えること

デメリットは、定価販売なので高い

最近の流行り、ICカードで乗る

スマートEXを使う

自由席…5,830円(0円)
指定席…6,360円(-200円)
グリーン席…8,590円(-200円)

メリットは、事前購入や変更が楽チン

デメリットは、割引は指定席/グリーン席で200円ぽっち、クレジットカード決済が必要

事前申し込みの会員制ICカードで乗る

エクスプレス予約で乗車

自由席…5,580円(-250円)
指定席…5,580円(-980円)
グリーン席…7,800円(-990円)

メリットは、1,000円ほど安い、事前購入や変更が楽チン

デメリットは、事前申し込みが必要、年会費がかかる

ICカード+こだまグリーン車に乗る

3日前までに予約すると、EXこだまグリーン早得が使えます

グリーン席…5,980円(-2810円)

メリットは、グリーン車で楽々移動、お値段も普通車自由席同等、乗り遅れそうになったとき変更ができる。

デメリットは、3日前までの予約が必要、こだま号なので15分ほど余分に時間がかかる、運行本数が少ない

ぷらっとこだま

前日までの予約が必要な旅行プラン

指定席…4,400円(-2,160円)
グリーン席…6,700円(-2,090円)

メリットは、安い、ドリンク引換券付

デメリットは、旅行パッケージなので予約必須、乗り遅れると補償無し、別の列車への振り替え無し

新幹線自由席用早特往復きっぷ

自由席のみの設定ですが、お値打ちです。

往復…9,150円(片道…4,575円 -1,255円)

メリットは、安い。正規のきっぷだけど安い。

デメリットは、1週間以上前に買わないといけない、枚数限定、往復のみの販売で有効期間は3日間。

自由席のみですので、飛び乗る人にはオススメ。

 

まとめ

事前に乗車日が分かっていて、往復利用するなら、新幹線自由席用早得往復きっぷが一番便利です。

のぞみ、ひかり、こだまに乗れます。
自由席のみなので、のぞみは混みあっている可能性がありますが。
乗車時間50分程度なので、割り切ってしまえば安い。
定価の近鉄列車並みですね。

往復でないなら、ICカードを使うと、いざというときに変更もできますので、気持ちに余裕が生まれます。

とにかく安い、安い、安い、であれば、ぷらっとこだまを。
JR東海ツアーズでお申し込みくださいませ。

乗り遅れると、丸っと損しますので、ご利用は計画的に。

今回は、通常期の運賃をご紹介しました。
JRが扱っているきっぷや、金券ショップのきっぷには、乗車日の制限があるものもあります。

ご利用の際は充分お気を付けくださいませ。