天下とり御飯@近鉄名古屋駅 とりそぼろに舌鼓、美味いけど電車では食べにくい!!

WordBench三重に参加するため、近鉄名古屋を12時50分に出発する特急に乗った。ちょうどお昼時、手ごろな駅弁を探すために近鉄名古屋駅構内のファミリーマートへ。そこで手に取ったのが松浦商店さんの「天下とり御飯」だった。税込み1,100円。さっそく電車に乗り込み、少し遅めのお昼ご飯を。

天下とり御飯は、名古屋名物がぎっしりの少し重めな937kcal

毎度おなじみカロリー計算。937kcalはちょっと重め、お値段も1,000円オーバーとリッチな気分で。

天下とり御飯は、鶏そぼろご飯弁当のこと

中身をチェックしてみると

  • 鶏そぼろご飯
  • チキンカツ
  • 煮物(うずら卵入り)
  • 鶏つくね
  • 鶏肉の照り焼き
  • 鶏肉の磯部揚げ
  • 玉子巻
  • 鶏肉の胡麻ドレッシング和え

などなど、とにかくトリだらけ

天下とり御飯の中身はどうなっているのか

それでは開封の儀です。

薄いフィルムの上に箸があるいつものスタイル。

トリがより取り見ドリ

そぼろがまんべんなく敷き詰められたゴハン、鶏肉を中心にしたおかず、お弁当にピッタリのミカンやチェリー。これぞ1,100円のボリュームですね!!

鶏肉そぼろ、玉子そぼろ、出汁で炊いたご飯

鶏の出汁で炊きこんだゴハンの上に、鶏肉そぼろと玉子ぼろがぎっしりと敷き詰めれています。

どうやって食べようか、と悩んでいたら、ちゃんとスプーンが入っていましたよ。さすがですね。プリンやヨーグルトを買うともらえるようなサイズですけど、これで安心。

ぎっしりとそぼろが載っているゴハン。スプーンが付いていても、こぼしてしまいそうになります。特に玉子そぼろは細かいのでこぼしそうになる。これは電車の中で食べるには向かないです。美味しいけど、こぼしそう。天下とり御飯を食べるのは技術がいりますね。

おかずも鶏づくし

つくね、チキンカツ、磯部揚げなど、鶏ばかりのおかず。

うずらの卵も玉子巻も

つくねの下にあるのは、鶏肉の胡麻ドレッシング和え。

とにかく鶏を楽しむ駅弁

松浦商店の天下とり御飯(1,100円)、とにかく鶏をたっぷり楽しめるお弁当。たまごもたくさん、鶏肉もたくさん。こんなにいろんな種類の鶏肉を1つのお弁当で楽しめることは珍しいでしょう。偶然手に取った駅弁、次はどんな出会いがあるのか楽しみです。