セントレアのフライト・オブ・ドリームズ、無料でも飛行機が楽しめる!!

2018年10月12日、中部国際空港セントレアに新しい施設ができた。それが今回ご紹介するフライト・オブ・ドリームズ。メインコンテンツはボーイング787の初号機だろう。今回は、中央に配置された初号機と周囲のレストラン街を訪問してきた。

FLIGHT OF DREAMS

施設名FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)
住所愛知県常滑市セントレア1丁目1 中部国際空港セントレア
営業時間FLIGHT PARK…10:00~17:00
SEATTLE TERRACE…10:00~22:00
※店舗により異なる
アクセス名鉄「中部国際空港」駅から徒歩7分
ウェブサイトhttps://flightofdreams.jp/

愛知県常滑市セントレア1丁目1

歩くこと7分

セントレアのアクセスプラザから南向きに500m、駐車場A棟へのアクセスと同じように歩きます。動く歩道がありますが、なかなかの距離です。

フライト・オブ・ドリームズは2つのエリアに

フライト・オブ・ドリームズは2つのエリアがあります。今回ご紹介するのは、SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)。ボーイング創業の街をテーマにしたエリアです。テレビなどで特集されている有料エリアはFLIGHT PARK(フライトパーク)ですね。

建物に入ってすぐ、セントレアの発着案内看板が。

シアトルテラスからもボーイング787が見られる

特に入場料が掛からないシアトルテラスからもボーイング787の初号機を見る事ができます。建物の中にあるジェット機、圧巻です。

スターバックスをはじめとする飲食店

スターバックスや、じぇらーと・ワッフルのような軽食から、ラーメンやステーキのような食事メインの飲食店まで。建物の2~3階に集まっています。

シアトルテラスのテーブルからはボーイング787を見ることもできますよ。

正面に機体が見える席も

機体中央部から後方にかけては、真正面で見る事ができる席も用意されています。ちょうど手すり沿いに座席が並んでいるんですね。

ロールスロイス製のエンジンを眺めながら食事をすることもできますよ。

別の角度から見ると、こんな感じ。

建物1階にはボーイングストアも

エスカレーターで1階に下りると、そこにあるのはボーイングストア。ミュージアムショップのような感じです。こちらも無料で行くことができます。

セントレアの建物とは3階でつながっており、3階、2階がシアトルテラスに。1階はボーイングストアと、フライトパークが。

ゲートの先がフライトパークだ

ゲートの先がフライトパーク。ボーイング787を目の前で見ることができたり、プロジェクションマッピングを楽しむことができる。
大人(中学生以上)…1,200円、子ども(3歳~小学生)…800円、3歳未満…無料

まとめ

フライトパークの外からもある程度は飛行機が楽しめるフライト・オブ・ドリーム。ちょっとお茶をしたり、ご飯を食べたり。そんな使い方ができそうですね。

難点はセントレアのエントランスから遠いこと。屋根もあり動く歩道もありますが500m離れているので、躊躇してしまうかも。飲食店は店舗によって22時まで営業していますが、フライトオブドリームは17時までなので注意が必要です。

とはいえ、目の前で見られるボーイング787の初号機、ジェット機の大きさにはびっくりしました。

施設名FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)
住所愛知県常滑市セントレア1丁目1 中部国際空港セントレア
営業時間FLIGHT PARK…10:00~17:00
SEATTLE TERRACE…10:00~22:00
※店舗により異なる
アクセス名鉄「中部国際空港」駅から徒歩7分
ウェブサイトhttps://flightofdreams.jp/