ひかり510号のグリーン車に乗って名古屋から東京へ

ワードプレスのイベントと、LOOKMEの懇親会を兼ねて東京へ。
品川駅に10時30分ごろの到着を予定していたので、名古屋08時37分発、品川10時33分着のひかり510号に乗車。EX-ICの早得割引を使うために事前に購入しておいたのだ。

名古屋を8~9時台に出発する新幹線は混雑が伺える。

調子に乗って早く着き過ぎてしまったのだけど、早得割引なので同条件で変更ができないので予定通りの列車を待つことに。

ひかり510号10号車10番D席

EX-ICは座席を自分で指定できるのがありがたい。
というわけで、今回は510号の10号車10番D席をキープ。10-10-10で覚えやすい。このくらいアソビが必要だ。

定刻通りにやってきたひかり510号に乗って東京へ向かう。

やっぱりグリーン車は快適なわけで

大型連休や最終列車ではないので、グリーン車にも余裕がある。今回、隣の席に座る人はいなかった。名古屋駅を出て、すぐのタイミングでワゴン販売がくるのも嬉しい。早々にお弁当を買ったり、飲み物を買ったりできるのだ。


ひかり号って難しいよね

東海道新幹線は3つの新幹線が走っている。

  • のそみ
  • ひかり
  • こだま

のそみ号は名古屋→新横浜→品川→東京だ。こだま号は各駅停車、つまり全部の駅に停車する。それでは、ひかり号はどうなのだろう。

ひかり号は、豊橋、浜松、静岡、三島、熱海、小田原に停まるものもあるし、止まらないものもある。だから自分がどの駅で降りるのかを知った上で、ひかり号に乗らないといけない。

指定席ならその間違いにも気付くが、自由席の場合はどうしようもなくなってしまう。

JR東海の浜松工場へ向かう線路は、浜松駅の手前にある。

ほどなくして浜松駅に停車。

浜松駅の次は、静岡駅に到着。

気付いたら三島駅に停車/出発しており、電光掲示板には「次は新横浜」の文字が。

一気に街中っぽい雰囲気が漂う。そうすると新横浜駅に到着だ。

無事に品川駅に到着

今回の目的地は京急蒲田駅。まずは新幹線で品川まで、品川から京急に乗り換えて京急蒲田へ向かう。

ひかり510号は品川で乗客を降ろしたあと、東京へ向かうのだった。

生きることは動くこと

名古屋から品川へ、ひかりグリーン早得を使って
運賃…11,830円
距離…359.2km
CPK…32.9円
(※Cost per Kilometer)Cost per Kilometer)