のぞみ312号で名古屋から東京へ、700系新幹線に乗って

2019年のゴールデンウィークは10連休だ。大型連休にあちこち出掛ける方は多いだろう。そのゴールデンウィークの初日、名古屋から東京へ移動するために、のぞみ312号を利用した。

予定が流動的だったので予約していなかった。案の定、指定席には「×」マークが並んでいる。

グリーン車か、立って移動か

指定席が埋まっているときの選択肢は2つだ。

  • グリーン車
  • 自由席

グリーン車も混みだしていることを考えると、+4,000円の出費に見合うリターンはない。となれば、自由席か。

のぞみ312号は08時56分に新大阪を出発する。ということは、たぶん自由席も埋まっているだろう。そう考えるの妥当だ。

となれば、立ったまま移動するしかない。チケットも自由席を購入。

700系にはあと何回乗れるだろうか

のぞみ312号は700系車両だった。2020年春にはN700系に置き換えられるという。新型の列車に乗りたい一方で、旧型の列車が無くなることは寂しい。

偶然にも700系に乗れたのだが、700系にはちょっとだけトラップがある。
グリーン車の10号車、15、16号車は喫煙車両なのだ。喫煙ルームではなく、座席でタバコが吸える喫煙車両なので、間違えて予約してしまう人が多い。
喫煙車両ということを認識しておかなくてはいけない。

スカっと晴れた空、心地いい車窓

連休初日にふさわしい天候、新幹線に乗っていても窓の外が気持ちいい。こいのぼりも優雅に泳いでいた。

浜松を過ぎたあたりから茶畑が広がるのは静岡県の特徴だ。

静岡を過ぎると曇り空

静岡駅を過ぎ、大井川を渡ることには雲が増えてきた。
新幹線の面白いところは、1時間の間に景色が大きく変わるところ。さすが時速270kmで突っ走っていくだけのことはある。

残念ながら富士山を見ることができず。名古屋はあれだけ晴れていたのに。そんな日もあるね。
東京に住む友人に聞いたところ、昼過ぎまで雨が降っていたとか。

新横浜を通過、間もなく品川に。

東京駅では向かいにも700系

今回は目的地の関係で東京駅まで乗車。15番線に到着するのだけれど、向かいのホームには700系が止まっている。700系に乗りながら700系写真を撮ることに成功。

生きることは動くこと

名古屋から東京へ、のぞみ自由席で。
料金…10,360円
距離…366.0km
CPK…28.3円
(※Cost per Kilometer)