ミニ卓上三脚ならマンフロットのPIXIミニ三脚に決まり

卓上三脚が欲しい

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。
コンパクトな一眼レフカメラを持ち歩くようになって、1年が経ちます。
その間に買ったものと言えば、32GBのSDカードと、レンズフードくらい。
特にレンズやストロボといったオプションは、買うことがありませんでした。

そんな僕が最近欲しいなぁと思っていたもの。
小さな三脚です。

家電量販店のポイントの期限が切れそうだったので、これはチャンスと購入してみました。

 

Manfrotto PIXI ミニ三脚

 

ミニ三脚と言えば”Manfrotto”でしょ!!
ということで買った今回のモデルは、一番リーズナブルな「PIXI ミニ三脚ブラック」
お値段は3,000円もしないお手軽三脚です。


Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

ブリスターパックに入った簡単ですが、耐荷重は1kgと立派なモノ。

畳んだ状態では、長さ18cm。
広げて立たせると、高さは13cmになります。

 

雲台はワンタッチ固定

Manfrottoのミニ三脚の特徴は、ワンタッチで雲台が固定できること。
指のところにある赤いポッチを押すと、雲台が自由自在に動きます。
水平方向には360度、傾きは35度。

指を離すと、その位置でピッタリ固定できるというスグレもの。
本当にピッタリと止まります。

 

ちょっと残念なところも

こうやって、斜めにしてもピッタリ止まるこの三脚。
唯一残念なのは、真横に向かないということ。

カメラを縦位置ホールドしたいときは、この三脚では無理なんですよね。
ワンランク上のモデルをお買い求めいただく必要があります。

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 レッド MTPIXIEVO-RD

ただ、こちらのモデルでも使い勝手は良さそうです。
集合写真、セミナーでのスライド撮影、動画モードにしたときのグリップ。

耐荷重も1kgまで大丈夫ですので、小型の一眼レフカメラも使えます。

 

これからのシーズン、外出先での撮影も増えるのではないでしょうか。
折り畳み傘よりも小さいManfrottoのミニ三脚、カバンに一つ入れておくことをオススメします。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B