乗り換え改札口では、紙のきっぷを投入してからICカードをタッチする

乗り換え改札口では、紙のきっぷを投入してからICカードをタッチする

乗り換え専用の改札口

新幹線と在来線、JRと私鉄、私鉄と私鉄。
それぞれの改札口に、乗り換え専用の改札口が設置されているときがある。

2種類のきっぷをどうやって投入するのか。それが問題だ。

1.紙のきっぷとICカードを併用する

その場合、ICカードと紙のきっぷを併用するには

  1. 紙のきっぷを投入
  2. ICカードをタッチする

という動作になる。
先にICカードをタッチしてしまうと、ICカードで乗車した場合はその先もICカードにて支払い、紙のきっぷで乗車した場合はエラーとなってしまう。

2.紙のきっぷだけを使う

紙のきっぷだけの場合は、2枚を同時に改札に投入すればいい。
今乗ってきたきっぷは回収され、これから乗るきっぷが改札から出てくる。

3.ICカードを2枚使う

ICカードを2枚使えるのは、新幹線の場合だ。
EX予約で乗っている場合、新幹線のICカードと在来線のICカード2枚を重ねて改札を通過できる。

名古屋駅で名鉄-近鉄を乗り換えるとき、鶴橋駅で近鉄とJRを乗り換えるときなどはICカードを2枚使うことができない。改札にもその旨が書いてあるのだ。

乗り換えは緊張する

間違えてしまったら改札の扉が閉じる。
どの組み合わせなら通れるのか。事前に知っておくだけで、気持ちが楽になる。

紙のきっぷであれば2枚重ねて、紙のきっぷとICカードの併用なら先に紙のきっぷを、ICカードの2枚重ねは新幹線のみ。

これだけで、乗り換えのハードルはうんと下がるだろう。