アーバンライナーに乗って大阪難波から近鉄名古屋へ、コンセント付きのデラックスシート!

最終のアーバンライナーに乗るとき

21時00分、大阪難波。名古屋方面に向かう最終のアーバンライナーが出発する。
近鉄特急としては21時30分の列車があるが、アーバンライナーの指定ではない。

新幹線で帰るのであれば、新大阪駅22時30分発、のぞみ98号がある。名古屋までの所要時間は50分、あっという間に到着してしまうので、忙しない感じが苦手だったりする。

21時00分に出発する最終のアーバンライナーは、津、白子、近鉄四日市、桑名と停車し、23時16分に近鉄名古屋に到着する。

近鉄難波駅から大阪難波駅へ改称

随分と前のことだが、2009年に阪神との直通運転が開始されたことで、近鉄難波駅は大阪難波駅と改称された。
隣の日本橋駅は「近鉄日本橋」駅。

いつも迷う大阪難波駅での乗車位置

アーバンライナーに乗るときは、名古屋寄りの1号車に乗ることが多い。
ホームの一番端で待つことになるのだが、いつも乗車位置が分からない。

おおよその位置で待っていることくらいしかできないのだ。ホームにも「○」や「△」のマークがいくつも並んでいるので、ますます困惑してしまう。

ただ、全席指定席なので、発車までに乗ることができれば、全く問題ないのだ。

デラックスシートの乗車率は80%

アーバンライナーの1号車はデラックスシートだ。

1両に36席しかない1号車、乗車率は80%だった。3連休の最終日にも関わらず、意外と少ない印象だった。
数時間前に満席になることも多いので、予定があるときは早めに予約しておくことをオススメしたい。

ありがたいコンセント付きの車両に

アーバンライナーを含めた近鉄特急、コンセントがある車両と、ない車両が存在する。
デラックスシートでも同じだ。どちらになるか分からないドキドキは、あまり嬉しくない。今回は無事にコンセント付きの車両に。

津駅で10人弱のお客さんが下車する

途中の津駅で10人弱のお客さんが下車する、
大阪から津へ移動する際、

  1. 近鉄特急で移動
  2. 新幹線で新大阪→名古屋、近鉄特急で近鉄名古屋→津

の2パターンがあるが、1のほうが圧倒的に便利なのだ。大阪~津を移動するなら近鉄特急一択になること間違いなし!

近鉄名古屋駅に無事到着

先行列車が鹿にぶつかったとかで、5分ほどの遅延があったが、無事に近鉄名古屋駅に到着。
スケジュールには余裕があったため問題なかったものの、近鉄はちょっと遅れることがしばしば。
ギリギリの予定は止めておいたほうがよさそうだ。

安全運転、ありがとうございました。

生きることは動くこと

大阪難波→近鉄名古屋…190km
運賃…2,360円、特急料金…1,000円(チケレス割)、デラックスシート…510円