みそカツ丼(松浦商店)の駅弁はボリューム満点の丼ぶり弁当@名古屋駅

名古屋駅で買うのは松浦商店の駅弁

こんにちは、スズキです。
せっかく新幹線に乗るなら、駅弁を食べないと旅行気分が味わえない。名古屋駅では、改札口の外、改札口を入ってすぐの売店、駅のホームで、駅弁が売られています。

時間に余裕がないときは、駅のホームへ。比較的お客さんも少ないので、さっと買えるんですね。
今回は新大阪、広島、博多方面の16番、17番ホームの東京寄りにある売店へ。

今日のたびのお供は、松浦の「みそカツ丼」900円

どれにしようか迷った末に選んだのは松浦商店の「みそカツ丼」、お値段900円!
みそカツ弁当は食べた記憶があるけど、丼ぶりは記憶にないから購入。
午前10時過ぎ、素敵な朝ごはんとなりました。

「松浦の」と書いてあるところが、心をくすぐりますね。

1,000kcl超のボリューム満点丼

ラベルによると、1食1,006kcl、ボリュームたっぷり丼だ。ヒレカツだし、丼ぶりだし、カロリーを気にしていてはダメなのだ。

中身は、ヒレカツ丼のほかに、たけのこ、しいたけの煮物、わさび菜のおひたし、味付けにんじんが入っている。

味噌の香りとともに、半熟卵のインパクト

開封の儀、ふたを開けると味噌の香りが食欲をそそる。半熟卵が入っているのはインパクトがデカい。しかも殻付き卵のまま。

半熟卵は、良くも悪くも半熟卵

半熟卵は美味しいのだけど、電車の中で卵を割るのは大変。こぼれてしまわないように、汚さないように、気をつけながら割るのが大変。駅弁じゃなければ、正解なのかもしれないけど。

ヒレカツを、卵につけて食べるのが美味しい!
直接、ヒレカツやゴハンの上にかけてもよかったかもしれない。

名古屋を感じられる老舗の駅弁「みそカツ丼」

名古屋の老舗駅弁屋さん、定番のみそカツ丼、名古屋をたっぷり満喫することができる。
半熟卵は、なんともいえないけれど、これもひとつのアトラクションなのだろう。卵につけて食べるヒレカツは、みその濃い味とマッチしてとっても美味しかった。

ごちそうさまでした。