弐万かつサンド@肉の万世 お肉2枚の超ボリュームたっぷり弁当だ!!

東京駅17番線から発車するひかり511号に乗る。
せっかくだからと、ホームの売店で買ったのは「弐万かつサンド」だ。
「万かつサンド(700円)」、「ボリュームヒレかつサンド(900円)」という駅弁がある中、お肉2枚入りの「弐万かつサンド(1,080円)」を選んだ。
これでブルジョアな気分で移動できる。

お肉2枚に惹かれて

お肉が2枚とはどういうことなのか。
他よりちょっと高いサンドイッチに興味深々。

ブロガーなら、買っちゃいますよね。

内容量は「4切れ入り」とだけ。
別の箇所に書いてある栄養成分表示は「100gあたり」
果たして、このかつサンドは何kcalなんだろうか。

一工夫してある箱

今回は側面に栄養成分が書いてあったが、中には底面に書いてある場合も。
というわけで、いつも通り箱を持ち上げてみる。

なんと底面には「まんせいパズル」が。
是非パズルを解くためにも、弐万かつサンドを買おう。

牛にやられる

肉の万世は肉料理専門店を経営されている、肉といえば牛肉。
この牛さんも、肉の万世さんのキャラクターだろうか。

今回のかつサンドは豚カツだろうから、牛さんの出番はないもののカワイイ、カワイイぞ。

そぉっと蓋を開ける

蓋を開けると、そこには弐万かつサンドの説明が。
特製ソースのかつ、それも2枚、特別に焼き上げたパン。

この「弐万かつサンド」にワクワクしてしまう。

でた!!!!これがお肉2枚の弐万かつサンドだ

ボリュームたっぷりすぎるぞ!!
本当にお肉が2枚だった。

これが、これが弐万かつサンドか。

充分なサイズのカツ、耳まで美味しいパン、二つが馴染んだかつサンド

食欲をそそる香り、インパクトのある見た目。
これは腹いっぱいになるサンドイッチ。
全てがうまく馴染んでいる。

損はさせないぞ、2倍かつサンド

手に取ってみると、ずっしりとした重みが。
口を大きく開けないと食べられないサイズだ。

まさに至福のひと時だった。
これはぜひ、コーヒーや紅茶と一緒に食べることをオススメする。

たまの贅沢には、弐万かつサンド

他のかつサンドより数百円高いが、満足度も高い。
いや、お弁当としても、ちょっと高価な部類だろう。

気合を入れたいとき、プチ贅沢をしたいとき。
なんだか満足しきれないとき、またこれをリピートするに違いない。

肉の万世
弐万かつサンド
税込み1,080円也
ウェブサイト…肉の万世

 

ごちそうさまでした。