東京発、名古屋行きの最終新幹線、ひかり539号に乗って

東京発、名古屋行きの最終新幹線、ひかり539号に乗って

僕に足りないのは決断力だ。日曜日の夜、東京でイベントに参加した。最終の新幹線でギリギリだということは分かっていたから、途中退出をして最終の新幹線に乗るか、朝一番の新幹線でそのまま出社するか。どちらにするか悩んでいた。

ちょうどいい座席がない

結局のところ、最終の新幹線ひかり539号に乗って帰ることにした。当日の朝、指定席券を購入しようと窓口に向かったのだが、窓側席が空いていない。

空いていたのは喫煙ルーム付近、15号車4番A席だけ、最後の1席を手に入れたのだ。夜だから窓の外もよく見えないのだが、タバコは吸わないし、終点まで席を立つことがないので窓側を選ぶ。

大手町から東京駅へは、B4・B5を目指せ!

大手町から東京駅までは徒歩で行ける。大人の男性が歩いて約15分でJRの地下改札口へ。東海道新幹線の改札まではそこから3~4分はかかりそうだ。

都内の乗り換えは距離があることが多いので要チェック。

最終の新幹線、空いているのはB列だけ

春休み最後の日曜日だったが、思ったほど混みあっていなかった。東京駅出発時点では、B列に空席がある。

車内にはディズニーランドのお土産袋を持った若者の姿が。友達同士で来ているのだろう。D・E席はそんな乗客で埋まっていた。

定刻より1分ほど遅れて出発、全体的に1~2分ほど遅れていた印象だ。

あっという間に名古屋駅に到着

新幹線はあっという間に名古屋へ連れて帰ってくれる。途中、車内販売のワゴンを見かけた気がするが、何かを買う気力もなく。

直前まで、焼き肉パーティーをしていたことが夢のようだ。あと数時間したら出勤しなきゃいけないのも夢のようだ。

僕が名古屋に着いたころ、大阪に帰る友人が、終電チャレンジをしていたところ。無事に乗り継げたようだ。

「やっぱり明日、休むわ」なんて調子のいいことを言っていた別の友人は、東京の夜を満喫したらしい。

生きることは動くこと

東京から名古屋へ。ひかり539号の指定席に乗って
料金…10,880円
距離…366.0km
CPK…29.7円
(※Cost per Kilometer)