年末の鶯谷から蔵前まで、のんびり陽気なフォトウォーク

年末の鶯谷から蔵前まで、のんびり陽気なフォトウォーク
スポンサーリンク

12月31日、鶯谷にいた。駅から徒歩圏内にある萩の湯は朝6時より営業している。今年最後の銭湯を堪能し、今年最後のマクドナルドを楽しむ。

11時に蔵前で待ち合わせ。1時間半ほどあるこの時間をどうしようか。GoogleMapに聞いてみると約4km、徒歩であれば1時間程度だ。ちょうどいい時間になりそうなのでカメラを片手に歩いてみた。

上野や御徒町、日暮里で下車することはあるけれど、鶯谷は初めて。あまりご縁のない駅だ。

駅前には食事処が線路沿いに並んでいる。

手を伸ばしてみたり、しゃがんでみたり、フォトウォークは新しい視点を見つけることも楽しみの一つ。

看板にも味わいを感じることも。いつもよりゆっくりじっくり街並みを眺める機会をくれる。

久しぶりの台東区。そういえばスカイツリーがあるんだった。最高の天気ではなかったので、はっきりくっきり見えなかったのが、またなんともいい感じだった。

都会の小学校は美しい。歴史を感じるしょうっこうもオシャレなオーラを放っている。

年末、12月最終日。そんな空気を感じられるのも、今日このタイミングでフォトウォークしたから。急に決めたことだから、終始一人での行動だったけど、ちょっとした気分転換になる。

謹賀新年

バスも臨時ダイヤ

東京にはセンチュリーの個人タクシーが走っている。

あちこちでスカイツリーを見ることができる。街のシンボルだ。

大通りから外れると、そこは商店街。

たぶん、たぶんだけど「うおきん」という魚屋さん。だけど、だけど「きんぎょ」って読んでしまうよ。

青信号になったら一目散に渡ってしまう横断歩道も。カメラがあると被写体になる。

気になるお店を見つけた。魔性の味(DEMON’S TASTE)オンリー という珈琲屋さん。この日はクローズしていたけれど、いつか行ってみたいお店。ちなみに「パソコンはダメ!」と書いてあったのでノマドワークはできない。

インターネットのお友達が記事を書いていた。やっぱり気になるお店だ。

浅草の合羽橋エリアにある喫茶店、〈オンリー〉ではペリカンのトーストとコーヒーがいただけます。店内の様子やおすすめメニューをご紹介します。
www.kamometomachi.com

「きいて!!」と読む人はどれくらいいるんだろう。「きそば(生蕎麦)」だからお間違えの無いように。

国際通りまでやってきた。以前、ここの近くにある「浅草ROXまつり湯」に行った記憶がある。

もう少しだけ隅田川のほうへ歩き、南下することに。

ふぐのいるビル

間もなく約束の場所に。精華公園の裏あたりで待ち合わせをしていた。

最近の小学校は素敵だ。歴史を感じる建物もあれば、太陽光パネルがついたモダンな校舎も。

ちょっと気になるお店を発見した。改めて訪問してみよう。12時前だったからか、年末年始だったからか、このタイミングではお店は開いていなかった。

というわけで、1時間半のフォトウォーク、じっくり楽しむことができた。
どこかで適当に時間を潰して、バスや電車で向かうという選択もあったけれど。何か面白いモノを追いかけて歩いてみてもいいかもしれない。
思い出としても、記憶に残る。そんな気がしている。

1年前の上野フォトウォークも、なかなか面白かった。

日暮里から上野公園を目指す、山手線2駅のフォトウォーク
日暮里駅から上野公園まで30分のフォトウォーク、新しい文化に触れ、新しい感覚が呼び起こされる。
blog.aco-gale.com