気付いたら1,010記事目だった話

気付いたら1,010記事目だった話
スポンサーリンク

ワードプレスでブログを始めて1,010記事書いた。
渾身の作がある一方で、ほどほどに仕上げたものもある。

お陰様でたくさんアクセス頂き、それがやりがいになっていることもある。

誰かに何かを伝えたい。

と思ったことを、黙って伝えることができる場所がブログだった。たまに誰かが読んでくれて、たまに誰かがシェアしてくれて、続けていれば面白いことがたくさん起きる。そんなことを実感した。

逃げ出したくなることもあったり、投げ出したくなることもあったけれど、なんとか続けていられるのは仲間のおかげだ。感謝。

ブログで繋がった仲間、ライターで繋がった仲間、ワードプレスやプログラミングで繋がった仲間。
少しずつ本業でもその経験が役に立っている。どこで何があるか分からないものだ。

どうしてブログを始めたのか、これからどうしていきたいのか。なんて聞かれたら。

僕は居場所が欲しかっただけだ。会社員で働いている今、名刺が手元にあったとしても、部署が変わればその名刺は役に立たなくなり、会社が変わればリセットされるものも多い。

としたときに、安価に自分の居場所を作ることができたのがインターネットであり、ブログだったわけだ。

ふとしたときに僕のことを思い出してくれたら。「今日も元気に過ごしています」と伝えるツールのひとつとして。
もっとも、僕が有名になればいいだけの話なんだけれど。

これからは、適度な更新ペースを守って、面白い、楽しい、ワクワクをデリバリーできればな、と思っている。