体調がすぐれないときは、ラーメン屋さんにかけこむ #ラーメンとわたし

体調がすぐれないときは、ラーメン屋さんにかけこむ #ラーメンとわたし

○○とわたし

体調がすぐれないとき。学校や会社には行けるけど、全てのことに億劫になってしまうくらいのとき。

そんなときは迷わずラーメン屋さんにかけこむ。16時頃のラーメン屋さん、適度に空いていて、気持ちの負担も少ない。

どのラーメンが好きか、と聞かれたら迷わず「豚骨」と答える。細めの麺に、重たいスープ。この組み合わせは最高だ。
体調がすぐれないときは、トッピング少なめ。今日の主役はスープなんだから。

「白丸元味をバリカタで」

テーブルの上のルイボスティーを飲みながら、ラーメンが来るのを待つ。調子が良くないときは呼吸が浅い、おおよそ元気な身体なので、体調がすぐれないのは心身症なのだ。

ちょっと嫌なことがあったとき、仕事が上手くいかなかったとき。暖かく迎えてくれるのはラーメンだ。

レンゲでスープを口に運ぶ。喉から胃に流れていく熱を感じながら身体を温める。

ラーメンのスープを感じられるようになったとき合点がいった。千とせの肉吸いの存在だ。
「肉うどん、うどん抜き」を頼みたくなる気持ちが分かった。

パワフルなスープに、食べやすい麺、アクセントのゴマや紅ショウガ。
食べ終わったら、ブワッと汗が噴き出してくる。身体の内側から整う気持ちを感じながら。

オレはまだまだ大丈夫だぜ、って言い聞かせるのだ。