2017年7月の気になる展覧会、展示会5選@東京

デザインの展示会

こんにちは、スズキです。
高尚な気持ちになれる美術館。

機会を見つけて足を運ぶことにしています。
そうは言っても、本物の美術鑑賞は苦手なんですね。

どちらかというと、デザインやプロダクト、写真に興味があります。

そんなデザイン好きな僕がオススメしたい2017年7月の展示会をご紹介。
東京都内で開催される展示会でパンフレットやチラシを見て、心を掴まれたもののご紹介です。
わざわざ名古屋から行ってやるぞ!と思ったものばかりです。

『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展

6月24日に行ってきました→詳細はこちら

会場:21_21 DESIGN SIGHT
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン内
会期:2017年6月23日(金)~2017年10月1日(日)
開館時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円
WEBサイト:http://www.2121designsight.jp/program/grand_projects/

このサイトでもご紹介した『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展。

大胆な発想を表現する「壮大なプロジェクト」をご紹介。

表現者による「壮大な都市計画」の提案とも言えるらしい。
あたらしい体験と、思いつかなかった楽しさや価値観を気付かせてくれるそうです。

切手の国の探検隊

会場:お札と切手の博物館
住所:東京都北区王子1-6-1
会期:2017年7月11日(火)~2017年9月3日(日)
開館時間:9:30~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合はよく平日)
入場料:無料
WEBサイト:http://www.npb.go.jp/ja/museum/tenji/tokubetu/index.html

昔から、何かを集める趣味と言えば「切手」ではないだろうか。
世界で初めて切手が誕生してから180年。
切手の進化や変化を見ることができるそうです。

図柄が変わるハイテク切手や、陶器でできた切手など紙以外でできた切手を展示するという。

王道の趣味、切手コレクション。
シュミにカコまれる僕としては、一度は見ておきたい展示会。

こども×おとな工芸館 調度♡ハッピーのかたち

会場:東京国立近代美術館
住所:東京都千代田区北の丸公園1-1
会期:2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(除く7/17)、7/18
入場料:一般250円、大学生130円、各種割引あり
WEBサイト:http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/choudo_2017/

家具や照明などの調度品。
身辺で用いる道具や家具のことを指す。

調度品ひとつでハッピーになれる、モノを介して作った人とのイメージ交換だという。
プロダクトデザインに通ずるような、そんな気がしてなりません。

また、東京国立近代美術館の工芸館は2017年11月に開館40周年をむかえるとのこと。
40周年特別機関として様々なイベントが開催される模様です。

地獄絵ワンダーランド

会場:三井記念美術館
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
会期:2017年7月15日(土)~2017年9月3日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)※毎週金曜日は19:00まで
休館日:月曜日(除く7/17)、7/18
入場料:一般1,300円、大学・高校生800円、各種割引あり
WEBサイト:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html

どちらかというと美術芸術の作品かもしれません。
ワンダーランドという浮かれた名前ながら、作品はおどろおどろしいものばかり。

暑い夏にピッタリな展覧会でしょう。
日頃の行いを改めるためにも、地獄絵と向き合ってこようと思います。

 

深澤直人がデザインする生活の周囲展

7月9日に行ってきました→詳細はこちら

会場:パナソニック汐留ミュージアム
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
会期:2017年7月8日(土)~2017年10月1日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜日、8/14~16
入場料:一般1,000円、大学700円、中・高校生500円、各種割引あり
WEBサイト:https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170708/

世界的に有名なプロダクトデザイナー深澤直人氏の初めての個展です。
パナソニックや無印良品の作品を手掛けていらっしゃいます。

グッドデザイン賞などを受賞した作品が多数出品されるとのこと。
会期も長いので、しっかりと目に焼き付けてこようと思っています。

スゴいモノに触れること

世界的に有名な作家や作品。
目の前で見ることで、多くの気付きがあったり、迫力があったり。
百聞は一見に如かずとはよく言ったものです。

芸術鑑賞というより、デザイン展に近いものが僕は好き。
そんな好きにしっかり囲まれてこようと思っています。