【先取り】6/23~そこまでやるか 壮大なプロジェクト展@東京ミッドタウン

ギャラリー3ができた会場

2017年3月31日、開館から10年が経った21_21デザインサイトに、ギャラリー1、ギャラリー2に続き、新しくギャラリー3というスペースができた。

東京ミッドタウンにある21_21DESIGN SIGHT。
半分が地下に埋もれたようなデザインの建物は、一瞬そこがデザインミュージアムだということを忘れさせる。

過去には、「単位展」や「デザインの解剖展」を、今は「アスリート展」を開催しているこの「21_21DESIGN SIGHT」
次回、6月23日から開催される企画展は「そこまでやるか 壮大なプロジェクト展」だ

そこまでやるか 壮大なプロジェクト展

21_21デザインサイト
所在地:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン内
TEL:03-3475-2121
開催期間:2017年6月23日(金)~10月1日(日)
開館時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
休館日:毎週火曜日
Webサイト:21_21DESIGN SIGHT

どんな展示が予定されているのか


パンフレットを見たところによると、今回のクリエイターは、外国人の方が多い。
「自分たちが見てみたいから」という動機で、直感的に刺激を与えてくれるようだ。
型破りともいえるプロジェクト、当たり前や常識だと思っていたものが変わるかもしれない。

  • 湖面を渡る100,000m2の布(クリストとジャンヌ=クロード)
  • 500人が入れる風船(ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ)
  • テープ21,120mの床(ヌーメン/フォー・ユース)
  • 重なる1°の軌跡(ダニ・カラヴァン、ジョルジュ・ルース)
  • 実現不可能性99%(西野 達)

と大きくパンフレットに書いてあるものの、一体なにが表現されているのか、つかみ取ることができないですね。
もう少し、展示内容が見えてからじっくりとお伝えできればと思います。

入場券

会場外ではチケットが手に入らないとのこと。
例年、連休や夏季休暇の時期は1~1.5時間ほど待つこともあります。

3か月ちょっとの会期がありますので、うまく空いている時間を狙って行くことをオススメします。

関連プログラム

開催に合わせて、来日クリエイターの作品解説やトークショーも開催。
詳細はまだ発表されていませんが、事前予約が必要なものが多いですので要チェック!!

  • 6/23(金) 17:00-18:30 来日作家による作品解説
  • 7/8(土) 11:00-12:30 企画チームによるオープニングトーク
  • 7/22(土) 11:00~12:30 クリストとジャンヌ=クロード企画構成 柳 正彦によるトーク

プログラムの詳細はこちらまで

開催概要

開催期間 2017年6月23日(金)~2017年10月1日(日)
休館日 毎週火曜日
開館時間 10:00-19:00 入場は18:30まで
入場料 一般…1,100円 大学生…800円 高校生500円 中学生以下無料 その他割引有り
会場 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
アクセス 各線「六本木」駅、「乃木坂」駅より徒歩5分程度

東京都港区赤坂9-7-6

リンク集

そこまでやるか 壮大なプロジェクト展
関連イベント
21_21 DESIGN SIGHT
東京ミッドタウン