千葉都市モノレールは、世界最長の営業距離

ぶら下がっているモノレールでは世界最長

空港アクセスによく使われるモノレール。
モノレールには2種類の方式があります。

  1. 軌道にまたがっているタイプ
  2. 軌道からぶら下がっているタイプ

今回の千葉都市モノレールはぶら下がっている懸垂型モノレールです。
この懸垂型モノレールでは、世界最長の営業距離だそうです。
その距離15.2km、世界一のモノレールに乗ってきました。

千葉みなと駅から乗車

千葉モノレールには1号線、2号線がありますが、どちらも「千葉みなと駅」から始まっています。

JRとの連絡もあるので、今回は千葉みなと駅からスタートです。

2両編成の車両

JRの千葉みなと駅からすぐのところにあるモノレールの駅。

ホームに停車しているモノレールを見ると、公共交通機関というより、遊園地のアトラクションみたいです。
モノレールは2両編成で、約30m。
今回はお目に架かれませんでしたが、4両編成の車両もあるそうです。

加速度と勾配に圧倒される

電車と違ってゴムタイヤで走るので加速がいいですよ。
これは以前に乗った新交通システムのポートライナーと同様です。

勾配もぐいぐいと進んでいく頼もしいヤツですね。

1日乗り放題チケットも

端から端までたくさん乗るなら、1日チケットもあります。
ホリデーフリーきっぷというタイプは620円です。

駅の券売機で買うことができますよ。
途中下車して、駅のホームから眺めるモノレールも最高です。

乗るのも、見るのも楽しめる

モノレールに乗って、景色や車両を楽しむもよし
途中で降りて、見上げるもよし

普段の生活で馴染みがない分、ワクワク度が増しています。
懸垂型モノレールの世界最長を体験してみてはいかがでしょうか。