格安旅行の最強パートナー「青春18きっぷ」で旅に出よう

待ちに待った18きっぷ

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

「青春18きっぷ」というJRのきっぷはご存知でしょうか。
名前は聞いたことあるという方も多くいらっしゃると思います。

これは、季節限定で発売される普通電車乗り放題切符のことです。
1回あたりで換算すると2,370円で乗り放題。
旅行好きの方には定番の商品で、毎年発売を心待ちにしていますよ。

普通電車にしか乗れませんが、のんびりゆっくり楽しむにはバッチリのきっぷです。
最近、ちょっとルールがややこしくなってきているので、一度整理をしてみようと思います。

 

発売日と使える日

2017年の青春18きっぷの発売日が発表されました。
おおよそ例年通りという感じで、ベテランの人にとっては何一つ驚くことはなかったです。

青春18きっぷは、使用できる期間が決まっています。
学校の休みに合わせて発売されると思っておけば大丈夫。
ただ、次の期に使うことができませんので、春季版は春のうちに、夏季版は夏のうちに使わないといけません。

春季

発売期間 2017年02月20日~03月31日
利用期間 2017年03月01日~04月10日

夏季

発売期間 2017年07月01日~08月31日
利用期間 2017年07月20日~09月10日

冬季

発売期間 2017年12月01日~2017年12月31日
利用期間 2017年12月10日~2018年01月10日

前述の通り、3月に買った青春18きっぷは、4月10日までしか使えませんので気を付けてください。
同じ種類のきっぷでも、夏季版は有効期間が2か月近くあるのに対して、冬季版は1か月しかないので、使い切るのが大変ですね。

 

値段と利用方法

値段は5回分で11,850円です。
おとなもこどもも同一料金。
1回あたりにすると、2,370円なので、距離でいうと片道約120~130kmの範囲です。

片道で東京から三島あたり、名古屋から京都あたりまで使うと、元が取れるのではないでしょうか。

ただ、注意が必要で、きっぷは5回分ですが、5枚には分かれていません。
5回分が使える大きなきっぷですので、複数人で使うときは同一行程でないとダメですね。
集合場所から解散場所までしか使えないんです。

5回分、または5人分ですが、一度に使う必要もなく、3人で使ったあと、2回遊びにいっても大丈夫です。

 

使うときのここに注意

間違った使い方をすると、追加で料金がかかってしまいますので要注意。
ポイントとしては2つ。
1.普通列車の自由席を使うこと
2.JRの路線を使うこと

普通列車の自由席を使うこと

普通列車の自由席しか使えません。
特急、急行、新幹線は使えないんですね。
新快速や特別快速、普通列車しか使うことができません。

また、普通列車でも指定席はNGです。
瀬戸大橋を走る「マリンライナー」や、「青梅ライナー」などのグリーン車指定席。
列車は普通車でも、グリーン車が指定席扱いなので、乗ることができません。

同じグリーン車でも、首都圏を走っている自由席のグリーン車には乗ることができます。

 

JRの路線を使うこと

例外はありますが、JR以外は使えませんので悪しからず。

例えば名古屋から三重県伊勢市に行く場合。
直通列車に乗ると途中、伊勢鉄道線を通ることになります。
その場合は別途運賃が必要です。

そのほかにも、青森県を走る「青い森鉄道」や石川県を走る「IRいしかわ鉄道」もかつてはJR線でしたが、新幹線が開通した今となっては、JRではないので別に運賃が必要になります。

 

例外もあるよ

特急に乗れる場合

ただ、一部区間は特急しか走っていない路線も。
その場合は、特定区間に限り特急/急行列車の普通車自由席が使えます。

奥羽本線 青森~新青森間

石勝線 新得~新夕張間

宮崎空港線 宮崎空港~宮崎間

この区間外まで乗ってしまうと、乗車券、特急券が必要になりますので要注意。

 

JR以外の路線が使える場合

JR以外の路線も、全線通過する場合なら使えるところがあります。

青い森鉄道 青森~八戸間(野辺地駅)

あいの風とやま鉄道 富山~高岡間

IRいしかわ鉄道 金沢~津幡間

基本的には、その両端の駅しか使えません。
途中下車すると、運賃が必要になりますので要注意。

詳しくは駅員さんに聞くのが一番です。

 

最後はさっさと売ってしまう

5回分セットで販売している青春18きっぷ
2人で2日間旅行へ行ったり、4人で遊びに行ったりすると余ってしまうこともあります。
季節を過ぎると、ただの紙切れになりますので、さっさと売ってしまいましょう。

金券屋さんで、買い取ってくれますよ。
それも、早ければ早いほど高く買い取ってくれます。
多くの金券屋さんでは、4回分使ってある残り1回券の買い取り金額がいいですね。
単純計算すると2,370円なのに、1回だけの青春18きっぷを3,000円ほどで買い取ってもらった経験があります。

 

まとめ

注意事項がいくつかありますが、基本は使いやすいきっぷです。

  • JRだけ
  • 普通列車
  • 自由席のみ
  • 特例で特急、JR以外も乗れるけど、東北、北陸エリアがほとんど
  • 残ったら迷わず売れ

というのが、今回のポイントです。
ここで説明しきれなかった分は、JRのホームページなどを参照くださいませ。

せっかくなので、青春18きっぷでお値打ちに旅行を楽しみましょう。
列車好きの方には、こんな記事もオススメです。

青春18きっぷで乗るべき長距離列車