青春18きっぷで名古屋から姫路まで、快速を使って5時間のんびり移動

青春18きっぷで名古屋から姫路まで、快速を使って5時間のんびり移動

青春18きっぷを使って、名古屋から姫路へ

名古屋から姫路までの在来線利用は苦にならなくなってきた。青春18きっぷを使うとき、頻繁に利用するからだろう。

今回の乗り換え

名古屋(06:10)→大垣(06:49)
大垣(06:52)→米原(07:28)
米原(07:37)→姫路(11:13)

乗り換え2回、278.3kmを5時間3分かけて移動する。

名古屋06:10発 大垣06:49着

前回、7月20日に明石に行ったときも同じ電車だった。6時10分発の大垣行き。

7月20日に乗った時より、明らかに乗車人数が多い。8月になると利用者も増えるのか。一宮や岐阜で降りる人は少なく、そのまま大垣へ。

新幹線を横目に、今日は在来線での移動。

大垣駅では米原行きに乗り換える。発車時刻まで余裕がないので化粧室や自販機に寄らず2番線へ向かう。

大垣06:52発 米原07:28着

大垣から米原も2週間前は関ヶ原を超えると座ることができたのに。結局、名古屋駅から米原駅まで立ちっぱなしだった。とはいえ、これは想定内というか諦めていたというか。

米原07:37発 姫路11:13着

一般的に考えれば、米原からは新快速に乗るのが定番だ。この新快速のおかげで米原から姫路の間が非常にスムーズに移動できる。

と分かっていながらも、今回は快速に。姫路までは1時間ほど余分に時間がかかるものの、車内が空いているからこちらを選択。
ちなみに前回と同様に07時46分発の新快速に乗ったとしたら、姫路駅には10時18分着、正確には55分早く到着する。

この07時46分発の新快速は米原始発なので、ホームで待ってさえいれば確実に座れるのだけど。今回の待ち合わせは姫路駅に11時過ぎ。快速でちょうど間に合う。

空いている車内、早起きしてのんびりの電車に乗る。そういう選択もありだろう。

いつも見る米原駅での光景。新幹線3両を横目に姫路まで移動スタート。

米原駅を出てすぐ、右手には米原駅を07時37分に発車した こだま693号が。さすが新幹線、あっという間に追い抜いていく。片道+5,600円ほどプラスすると新幹線にも乗れるのだけれど今回はのんびり在来線の旅。
(※名古屋-姫路、新幹線自由席…8,090円)

新幹線は高架になり、在来線とクロスする。最後は左手に新幹線の最後尾を眺めてここでお別れ。

気付けば兵庫県

空いている車内、ウトウトしていたら兵庫県に入っていた。

明石海峡大橋を見るのも3週連続。西に行くのが今年の目標!!と言いながらも、西に行きすぎな気もしている。

山陽電鉄と並走すると、まもなく明石。そのあとJRは少し山側を走ることになる。

思い出深い加古川。18歳のころから遊びにきているのは加古川駅。

見覚えのある建物、まもなく姫路!!

今回乗車した快速は網干行き、今回は姫路までの乗車だった。
06時10分に名古屋駅を出発し、11時13分に姫路に到着。5時間の長旅だった。

ここで快速とはお別れ。
姫路でインタビューとフォトウォークが待っているのでした。

生きることは動くこと

名古屋から姫路まで、青春18きっぷを使って
運賃…1,185円相当(往復当日利用のため)
距離…278.3km
CPK…4.26円
(※Cost Per Kilometer)