名古屋おもてなし弁当@名古屋駅 名古屋名物が勢ぞろいだ!!

名古屋駅の新幹線改札口に入ったところに待合所がある。
スターバックスコーヒーや売店が併設されている。

今回はそこで「名古屋おもてなし弁当」を購入。
朝一番で食べるなら、あまりヘビーじゃないものを。
と直感で選んだのが「名古屋おもてなし弁当」だったのだ。

カロリーは636kcal

「ヘビーじゃない」ことを条件に選んだといっても、そんなに吟味したわけでもなく。
ドカっとからあげや豚カツが入っているもの”じゃない”ものを選んだだけなのだが。
カロリーほどほどの素敵なお弁当に巡り合えたということ。

松浦商店さん、ありがとう

名古屋のお弁当と言えば松浦商店。
松浦商店さんの安定感は抜群ですね。

名古屋名物が盛りだくさん

電車の中で、じっくりパッケージを見て気付いたのは、箱に名古屋名物が書いてあるということ。
ひつまぶし、みそかつ、天むすなどなど。

「名古屋おもてなし弁当」開封の儀

最近の駅弁や、コンビニのお弁当でもそうなんですが、マジックカットと書かれた帯がついている。
どこからでも開けることのできるプラスチックの帯。
便利なんだろうけど、紙紐で縛ってあるほうが”駅弁”らしくていいなーと思ってしまいます。

蓋をあけたところには、お箸やおしぼりと、味噌だれが乗っかっていました。

センターは鰻まぶしごはん

カラフルで鮮やかなお弁当ですよね。

味噌だれに要注意

豚カツ、エビフライコーナーに、こっそりとあんかけスパが眠っています。
調子にのって味噌だれをかけてしまうと、味噌だれあんかけスパになってしまいますので。
それはそれで美味しいんですけど、コレジャナイ感が。

守口漬ときゃらぶき

鰻には守口漬け、天むすにはきゃらぶき。
このスペシャルな組み合わせを実現しているのも、名古屋おもてなし弁当の素敵なところ。
ちなみにゴハンものは、鰻まぶしごはんと天むすしか入っていないので、腹ペコ時のお弁当としては物足りないでしょう。

煮物コーナーも充実

椎茸の煮物、カマボコ、酢蓮根、玉子巻がぎっしりと詰まっています。

ごぼうの煮物は、玉子巻や酢蓮根の下に。
ちょっとやっつけ感が。

名古屋コーチン入肉団子とみかん

今回も大満足、ただ1,100円に悩む

お弁当は美味しく、多くの味を楽しめました。
軽めのメニューがちょうどいい時もありますし、小食の人にはピッタリですね。

お値段は1,100円、僕の間隔では1,000円が一つのラインだと思っていますので高い部類のお弁当です。
次回も同じものを買うか、と聞かれると即答できない印象でした。

色々と入っているので、迷ったらこれを選ぶことでしょう。

まだまだ名古屋駅にはお弁当がありますので、色々と試してみたいものです。