Gehirn RS2 Plus、VPSのようなレンサバを使う理由

ホームページを表示させるのに必要なレンタルサーバー。今回、Gehirn RS2 Plusを使うことに。

今回、Gehirnを選んだポイントは3つ

  1. セキュリティに強い
  2. バックアップと復元のしやすさ
  3. VPSとレンタルサーバーのちょうどいいところ

この3つのポイントが、僕にはちょうどよかったのです。

https://www.gehirn.co.jp/

1.セキュリティに強い

ウェブサイトやソフトウェアの脆弱性診断をしているGehirn。サーバーのセキュリティには定評があります。

管理画面にログインするにも、ワンタイムパスワードによる認証が必要なんです。面倒だけれど、セキュリティは気を付けたい。

また、ユーザーごとの権限が細かく付与できるので、IDの使いまわしなどが防げます。

2.バックアップと復元のしやすさ

自動で丸ごとバックアップしてくれるサービスが付いているんです。数時間ごとにバックアップできる設定も。データはS3にバックアップされているようです。

そのバックアップデータを復元するのも、あっという間。追加で料金もかからないので、便利に使わせてもらってます。

3.VPSとレンタルサーバーのちょうどいいところ

以前はVPSも使っていたのですが、アップデートと管理の手間が大きかったんです。だからといって、一般的なレンタルサーバーだと求めてる機能やソフトが無かった。

そのちょうどいいところを提供しているのがGehirnだったんです。root権限が与えられないVPS。常駐プログラムも動かせますし、ApacheやNGINXを選択できるなど、通常の運用には不足がない。安心して使えます。

https://www.gehirn.jp/

セキュアでマネージド

他にも、サーバー証明書は専用の画面で入力すれば適用されるし、SSLのリダイレクトもワンタッチ。至れり尽くせりではないでしょうか。

Gehirnの名前を聞いたことが無かったんですが、さくらインターネットの子会社だと聞いて一安心。

また中の人は、このツイッターのアカウントを運用している人。だからさくらインターネットからGehirnに乗り換えてしまったわけです。

まだまだ使えそうな機能ばかりなので、たっぷり遊んでみたいと思います。