コミュニティについて考える6月 写真で魅せる #月刊スズキ

月刊シリーズを始めて1年が経つ。
ノリで始めたけれど、順調に続けられた。

このシリーズを始めてから、雑誌のようなイメージを持つようになった。
編集後記のようなテイストで。
回想と反省の意味も込めて、6月もしっかり振り返ろうと思う。

WordCamp 大阪へ

前月はWordBench大阪にお邪魔した。
そのWordBench大阪が主催となり、大きなイベントが開催されたので関西大学へ。
関西大学の梅田キャンパスは昨年もお邪魔した場所。
別のイベントだったが、快適な素敵な場所だったことを覚えている。

このイベントの実行委員長とお話させて頂く機会も。

この日は米原まで移動し終了です。

花を見る会

翌日、米原から名古屋へ移動。
タイムズのカーシェアで名古屋市港区にあるブルーボネットへ。

docomoのカーシェアを使ってみる

タイムズのカーシェアリングを5年以上使っている。
それで事足りていたのだが、docomoでもカーシェアを始めたということで利用してみることに。

キャンプをするために岡山へ

久しぶりに車での長距離移動。
名古屋から岡山までドライブ。

全国から集まった仲間と、夜遅くまでワイワイと。

東京でも色々な人に会う

雨が降る中、東京駅へ。

dripさんのイベントに参加。

その後、会食にも参加。

翌日は別の会食へ

6月最終日、大阪に向かう

梅雨も明け、いい天気で旅行気分。

あーでもない、こーでもないと、考えを共有する会(仮称)

会食でも優勝!

6月を終えて

5月に感じたことは「八方美人」
6月に感じたことは。

コミュニティの楽しさと、コミュニティの難しさ。

お世話になっているWordBenchというWordPressのコミュニティが終わる。
1年以上お世話になっているオンラインのコミュニティがある。
そこから派生したカジュアルなコミュニティもある。

強制力がないからこそ、リアルな人間が見れる場所がコミュニティだと感じた。

コミュニティで力を伸ばす人。
コミュニティでスポンジのように吸収する人。
コミュニティに依存してしまう人。
コミュニティを活かしきれず離れてしまう人。

そのコミュニティでも、コアになって支えるのか、自分自身が動き回るのか。
一人で戦える力も自信もなければ、仲間やコミュニティに頼ってしまう。
コミュニティにどっぷり浸ってしまうのではなく、自分自身が接続ポイントになれるような。

僕の中でコミュニティへの考え方が大きく変わったのが6月だったようだ。

生きることは動くこと

移動距離…2,672km
2018年累計…17,853km

6/2
名古屋→梅田 174km
大阪→米原 110km

6/3
米原→名古屋 80km
名古屋→岐阜→名古屋 90km

6/10
名古屋→岐阜→名古屋 90km

6/16
名古屋→岡山 490km

6/17
岡山→京都→名古屋 460km

6/23
名古屋→東京 ひかり518号 366km
東京→川崎 16km

6/24
川崎→浜川崎→鶴見→横浜→渋谷 50km
渋谷→品川→名古屋 ひかり539号 366km

6/30
近鉄名古屋→大阪難波 190km
大阪難波→近鉄名古屋 190km