ジャパンタクシーに試乗できるお台場のメガウェブ

メガウェブでジャパンタクシーが運転できる

こんにちは、スズキです。「生きることは動くこと」をテーマに当サイトを運営しています。今回ご紹介するのは、トヨタ自動車のジャパンタクシー。東京お台場にあるMEGA WEBで運転することができるんですね。

例にも漏れず試乗してきました。その様子をお伝えします。

MEGA WEBについて

郵便番号…135-0064
住所…東京都江東区青海一丁目3番12号
アクセス…りんかい線「東京テレポート駅」、ゆりかもめ「青海(あおみ)駅」下車、徒歩数分
営業時間…11:00~21:00(※19:00、20:00で終わる展示有り)
webページ…https://www.megaweb.gr.jp/

事前予約必須、当日の朝でも予約できた!

MEGA WEBの目玉でもある試乗コーナー。1.3kmのコースを2周することができる(有料/300円)。試乗には予約が必須で、インターネットでも予約可。今回試乗したのは11/23の祝日だったが、当日の朝でも空きがあり予約することができた。

予約時間の10分ほど前にライドワンコーナーに集まる。大型モニタで注意事項の説明があった後、車に案内してもらえる。

これはタクシーの運転手さん

東京で数泊する予定があったので、キャリーバッグを持っていた。「荷物はトランクスペースに入れていいですよ」と言われ、自分でトランクに入れるのだけど。

あぁ、まさにこれってタクシーの運転手さんや。大きな荷物持っていると、荷物を入れる体験もできる笑。白いキャリーバッグは45リットルのモデル。

新型タクシーのジャパンタクシー、運転席に乗り込む

いよいよ試乗。タクシー専用車に乗れるのは、ここくらいだろう。LPG仕様なのでコンフォートのように一般に出回ることもほとんどない。珍しい体験ができるのもMEGA WEBの特徴。

気になるのはハザードランプ

タクシー専用車の場合、昔はウインカーレバーの先にハザードボタンが付いていた。今回の新型ジャパンタクシーは、ハンドルを握ったときの親指の位置に。クルマを路上停車させることの多いタクシーならではの機能だろう。

初めてのフェンダーミラー車

タクシードライバーさんから根強い人気と言われる「フェンダーミラー」。今までドアミラー車しか乗ったことがなかったので新鮮だ。見みやすいとの評判だが、それを感じられるほどでもなかった。

助手席にお客さんが乗ったとき、ドアミラーが見づらい、などの配慮もあってだと思う。

エアコン等のスイッチはハンドルの右側

これもタクシーならでは。エアコン等のスイッチはハンドルの右側にある。MEGA WEBでの試乗は、エアコンを操作してもいいのだけど、どこに何があるかさっぱり分からないまま試乗が終わってしまった。走行中に操作するのは非常に難しい。

ドアハンドルについてるCLOSE/OPENのレバーで、お客様用ドアの開け閉めができる。

センターパネルのシフトレバー、上部にはタクシーメーターのスペース

シフトレバーはセンターパネルに。タクシーらしくメーターを設置できるスペースも用意されている。下のスペースにはレシートを発行するプリンタなどを置くことも。そこに置いてある無線機はMEGA WEBの備品だ。

車内のライト、プリウスなどにあるEVボタン等はここにある。

同乗者がいれば後部座席に座ることも

同乗ができるそうなので、本物のタクシーごっこができる。リアルなタクシーで、リアルなタクシーごっこをしたい方は、MEGA WEBまで。

乗り心地は若干ハード

足回りは少し固めな印象だった。シエンタをベースにしてあるだけに、運転には不安もない。フェンダーミラーに慣れるまではちょっとドキドキだったけれど。

ハイブリッドカーなので、出足はモーターで動く。アクセルを少し強く踏み込むとエンジンがかかりエンジン+モーターで動くのだが。搭載されているのはLPGエンジン。ガソリンじゃないのだ。というものの、制限速度は時速40km、直線区間も短いので加速時の勢いなどを試すことは難しい。

LPGとはいえ非常にスムーズな乗り心地だった。

僕が乗車した後の回でも、ジャパンタクシーを予約していたお客様がいた。ここでしか乗れないだけに、コアなファンがいるのだろう。車好きなら一度は乗ってみたい?? ジャパンタクシーを試乗するならMWGA WEBへ。

MEGA WEBについて

郵便番号…135-0064
住所…東京都江東区青海一丁目3番12号
アクセス…りんかい線「東京テレポート駅」、ゆりかもめ「青海(あおみ)駅」下車、徒歩数分
営業時間…11:00~21:00(※19:00、20:00で終わる展示有り)
webページ…https://www.megaweb.gr.jp/