青春18きっぷで名古屋から東京へ行くには。2017年夏~

青春18きっぷの時期だ

いつもご覧いただきありがとうございます。
Life is Movementをテーマに生きているスズキです。
7月も中盤に差し掛かったところで、夏恒例「青春18きっぷ」の時期がやって参りました。

JRの普通列車、快速列車が乗り放題。
1日なんと2,370円(相当)です。
格安で列車旅行ができるようになります。

詳しい内容はこちら↓から
格安旅行の最強パートナー「青春18きっぷ」で旅に出よう

2017年の夏にも発売されますので、ぜひぜひ活用していきましょう。

名古屋から東京へ行くならこんな感じ!

具体的に何パターンか時間を決めてみました。

土日祝ダイヤ

始発コース

とにかく早く着きたい、乗り換え関係ない人向け
398分、乗り換え5回

名古屋05:40→豊橋行→豊橋07:07
豊橋07:11→静岡行→静岡08:57
静岡09:06→熱海行→熱海10:21
熱海10:37→古河行→小田原11:00
小田原11:04→高崎行→大船11:33
大船11:36→宇都宮行→東京12:18

早朝ラクチンコース

早く着きたいけど、乗り換え少な目
408分、乗り換え3回

名古屋05:40→豊橋行→豊橋07:07
豊橋07:11→静岡行→静岡08:57
静岡09:06→熱海行→熱海10:21
熱海10:37→古河行→東京12:28

乗り換え3回で行くことができます。

早起き苦手だけど早く着きたいコース

朝一番は嫌だけど、早起きしたぞという日に
378分、乗り換え3回

名古屋08:29→浜松行→浜松10:07
浜松10:28→興津行→静岡11:42
静岡11:53→熱海行→熱海13:07
熱海13:12→小金井行→東京14:47

2番目の興津行で終点まで行っても同じ列車に乗れます。
3番目の列車が静岡発のため、始発駅で乗ったほうが座れる可能性大。

ランチしてからお出掛けしようコース

前乗り感覚でのんびりいきたいなぁというとき
385分、乗り換え3回

名古屋14:02→豊橋行→豊橋14:57
豊橋15:04→掛川行→浜松15:39
浜松15:51→沼津行→沼津18:06
沼津18:08→宇都宮行→東京20:27

こちらも2番目の掛川行きで終点まで行ってもいいですが、3番目の列車の始発駅である浜松駅で乗り換えるほうがいいですね。

どの行程もおおよそ6時間半前後。
ずっと乗り続けるのも大変ですので、あまり無理しないように。

気を付けること

浜松~熱海は座れない時も

浜松よりも東京よりの東海道線は3両編成のことがある。
例えば朝一番コースの
静岡09:06→熱海行→熱海10:21
の列車。

今までの運用を参考にすると、3両しかつながっていない。
ということもあるので要注意だ。
2時間近く乗ることも考えられるので、もし席に座れないなら次の列車を待つのも一つだと思う。
15分ほど待てば次の列車が来るのも東海道線の特徴だ。

トイレはどうする

ほとんどの編成にトイレが付いているものの、混雑時は行きづらいこともある。
また、駅での乗り継ぎもトイレに行く時間も無いことも。
どこかで1本遅らせるという手段もあるので、無理されないように。

お腹が減ったら

浜松~熱海はロングシートが多い。
地下鉄や山手線のような進行方向横向きに座るシートだ。
なかなかそこで食事をするわけにいかないだろう。

熱海~首都圏へのグリーン車は新幹線のように座れるクロスシートなので食事もしやすいだろうし、車内でお菓子や飲み物も売っている(グリーン車限定)
※ちなみにグリーン車は、休日事前購入の場合で570円~780円

ワープという手段も

どうしても時間が足りない、もっと早く着きたい。
そんな時に、一部区間だけ新幹線を使うという手段もある。
もちろん別途料金が必要だが、時間が大幅に短縮できるので頭の片隅にでも。

掛川~静岡

距離:49.1km
所用時間:14分
運賃:1,700円
在来線の場合:46分

静岡~三島

距離:59.5km
所用時間:25分
運賃:1,950円
在来線の場合:70分

小田原~新横浜

距離:55.1km
所用時間:15分
運賃:1,950円
在来線の場合:60分前後
※この場合、JR横浜線に到着します

新横浜は東海道本線の駅ではありませんが、大幅に時間を短縮できますね。

ただ、在来線→新幹線→在来線と乗り換えが発生しますので、そのロスタイムを考えた上でご利用くださいませ。

無茶しない程度に

夏の青春18きっぷは利用者も多く、混雑する区間も出てきます。
蒸し暑かったり、突然の夕立に降られたり。
あまり無茶しない程度に頑張って使ってください。

荒天のため、途中で電車が止まったり、大幅に遅れることもあります。
そういった際の補償はありませんので、余裕をもった計画を。
時間の面でも、お金の面でも、ギリギリのスケジュールは止めておいたほうがいいですよ。

この夏、僕は3往復くらいする予定です。
東海道線に乗っていると、同じような人をたくさん見かけますので。
名古屋で出会った人と、東京まで同じ電車だということも。
それもまた青春18きっぷでの旅の楽しみかたでしょう。

JR東海のホームページも一度ご確認ください。

 

関連記事

青春18きっぷで名古屋から東京へ行くには。

【青春18きっぷ】名古屋から岡山、倉敷へ 2016夏

【青春18きっぷ】中央線で名古屋から東京へ 2016夏

【青春18きっぷ】東海道線で名古屋から東京へ 2016年夏