ワードプレスで「メンテナンス中」を表示するプラグイン

ちょっとだけお休みしたいとき

こんにちは、スズキです。
今ご覧になっているサイトはワードプレスという仕組みを使って作成しています。

簡単にデザインを変えたり、レイアウトを変更したりできるんですね。
一般的にはレイアウト変更しているときなどは、一時的にサイトをメンテナンスモードにします。
ぐちゃぐちゃのウェブサイトを見せられても困っちゃいますので。

そんなときに便利なプラグインをご紹介します。

WP Maintenance Mode

こちらのプラグインを使うと、すごく簡単にメンテナンスモードになります。
以前は英語版しかなかったんですが、最近では日本語に翻訳されていますので設定も簡単。

あっという間に導入できます。

プラグインのインストール

「WP Maintenance Mode」
このプラグインは公式サイトにアップされていますので、
プラグインの追加
から、検索してもらえれば、すぐに出てきます。

インストール→有効化
と進んでいきましょう。

WP Maintenance Modeの設定

設定メニューの中から「WP Maintenance Mode」を選びます。

そうするとタブが3つ。

  1. 一般
  2. デザイン
  3. モジュール

各項目とも日本語になっていますので、なんとなく分かっていただけるかと。

1.一般

一番上の項目が、メンテナンスページにするかどうかの設定です。
メンテナンス状態にするなら「有効化」
一般ページを公開するときは「無効化」を選んでください。

2.デザイン

アクセスした際のページタイトル、本文の文字が変えられます。
「〇〇日までメンテナンス」
「ご連絡はこちらまで」

などと書いておくのが良いでしょう。

3.モジュール

公開予定まであと〇日
のようなカウントダウンを使わなければ、「モジュール」のタブは触らなくても大丈夫。
ただ、SNS連携などの項目を入力しておくことができますので、うまく活用してみてください。

 

公開の際は、メンテナンスモードをオフに

デザインの編集、レイアウトの変更が終わったらいよいよ公開ですね。
「一般」のタブにある
有効化→無効化
にすれば、サイトは公開されます。

これを忘れると、ずっとメンテナンスモードになってしまいますので。
サイトを見てもらえない期間があるのはモヤモヤしますけど、メンテナンスの時間をしっかりとることは大事です。

プラグインをうまく使いながら、素敵なサイトを作っていきましょう。