イチオシ筆記用具は、パイロットのkakunoという万年筆だ

書くことを大事にしたい

こんにちは、スズキです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

こうやってブログを書きながらも、鉛筆やペンで書くことも大事だなと、ふと思うことがあります。
社会人になってから、シャープペンシルを使うことも少なくなり、ほとんどがボールペン。
黒のボールペンだったり、3色ボールペンだったり。

そんなときに出会ったのが万年筆だったんですね。

パイロットのkakuno

kakunoと出会ったのは、名古屋駅の地下街「ユニモール」を歩いていたとき。
昼休憩の時にユニモールを歩いていると、文房具屋さんを発見したのだ。

その店頭、一番通路側に展示してあったのが「kakuno」だった。

値段だけで買った

万年筆ってカッコイイな。
だけど、繊細なんだろうな。

そんな印象を持っていたが、kakunoは違った。
プライスカードを見ると「1,080円(税込み)」と書いてある。
普通のボールペンよりは高いけど、想像していた万年筆の値段よりはぐっと安い。
というわけで、ペン先がF(細字/FINE)のモデルを1本買ってみた。

意外と使いやすいぞ

それまで対して使ったことがなかった万年筆。
実際の使い勝手がよくわからなかったけれど、チャレンジしてみると意外と良い。

ボールペンの時は細いペン先を求めていたけれど、万年筆になってからは少し太めのものを。
次に買ったのはM(中字)のモデルだった。

オススメポイント

特にオススメなポイントはこちら

  • キャップ式
  • キャップが開けやすいような形
  • 後ろ側にキャップをつけられる
  • 転がらない形
  • カートリッジにも、コンバータにも対応
  • 普段使いにピッタリな価格
  • カラフルなバリエーション

キャップがしっかり閉まる、開けやすいというのはグッドポイント。
お値段もお手頃なので気にせず普段使いができる。
よく使う方なら、純正コンバータ(CON-40)が使えるので、コスパがいい。

サラサラツルツルのノートであれば、すごく書きやすい。
kakunoに変えてから書くことが楽しくなった。

インクの濃淡、罫線の幅、目を凝らして見ることで気付くような小さな違い。
そんな繊細なところとも、しっかり付き合っていけるのだ。

飛行機に乗ったり、山登りをするなら、インク漏れが心配だけれど、日常生活では問題なし。
子どもっぽいツールで大人っぽいスタイルになれますよ。