近鉄特急か、アーバンライナーか

お値打ちな近鉄特急

名古屋から大阪に行くには、大きく4つのパターンがある。

  1. 新幹線
  2. 近鉄特急
  3. 高速バス
  4. 在来線

時間と費用のバランスがちょうどいいなと思うのが、2番の近鉄特急だ。

チケットショップなどを使い、お値打ちに乗るとしたら、片道3,300円ほど、時間は2時間だ。
新幹線は1時間で到着するが、6,000円前後と近鉄の倍近い金額になる。

アーバンライナーか特急か

値段と時間のバランスがとれた近鉄特急で大阪に行くのだけれど。
有名な特急車両にアーバンライナーがある。

アーバンライナーなどの一部の特急列車には、ちょっと豪華な座席「DXシート」があるのだ。
名古屋-大阪間であれば、+510円の特別料金がかかるが。
よくある2人掛けのシートから、1人ずつの独立シートになったり、前後の間隔も広いので、頻繁に使っていた。

スタンダード特急が実は快適だった

おおよそのパターンだが、名古屋駅を〇時00分に出る特急はアーバンライナー、〇時30分に出る特急はスタンダードタイプの特急になることが多い。

今回、名古屋駅を11時30分に出発するのが時間的にちょうどよかったので、久しぶりにスタンダード特急に乗った。
いつもDXシートのアーバンライナーを使うのだが。

実はスタンダード特急のほうが快適かもしれないのだ。

便利な仕掛けが満載

スタンダード特急、今回乗ったのは22000系という車両。
これのいいところは、

  1. テーブルが広い
  2. テーブルが2つある
  3. コンセントがある
  4. 静かで快適

この4点が僕の高評価ポイントだった。

1.テーブルが広い

シートの後ろにテーブルが付いているのだ。
新幹線のようにテーブルが付いている。

しかも若干不安定ではあるが、Surfaceを置いて作業もできる。
このテーブル、アーバンライナーのDXシートにはついてない。
そもそもシートにはテーブルがなく、肘掛けのところから出てくるテーブルしかない。

2.テーブルが2つある。

新幹線のグリーン車のように、テーブルが2つついている。
メインのシート後ろのテーブルと、肘掛けから出てくるカクテルテーブル。

スタンダード特急といいながら、豪華な仕様になっている。

3.コンセントがある

各席にコンセントがあった。
「窓側の人だけ」とか「最前列だけ」ではなく、全席にコンセントが。
しかも刺しやすい位置に。

アーバンライナーにもコンセントはあるが、足元深くにしかない。
スタンダード特急、なかなかやりおるぞ。

4.静かで快適

これは主観でしかないですが、車両が新しかったからか静かでしたよ。
ゆっくり休むことができました。

隣の人との距離が気にならなければ大満足

唯一の欠点というか、DXシートとの違いは、隣や前後の人との距離。
シートが独立していないので、大きなおじちゃんが隣に座っていたら、ちょっと残念。

ただ、それを気にしなければ、特急としてのクオリティは高い。
新幹線よりも快適に移動できるし、価格も安い。

ということで、移動手段の選択肢には充分入ると思います。

今まで避けてきたスタンダード特急、意外とすげーヤツでした。