「国府の白浜」三重県志摩市のサーフィンスポットで絶景の朝日を拝む

所用で三重県志摩市に。
今の時期、4:00を過ぎると薄っすらと明るくなってくる。

太平洋に面した海岸、国府の白浜で朝日を拝んできた。

住所は三重県志摩市阿児町国府
地図はこちら

地元の方の案内で

地元の方と言っても、知り合いのブロガーさんの学生時代の先輩だとか。
その日、初めてお会いした先輩に「せっかくなんで太平洋の日の出を撮りたいんですよ」と相談したところ、撮影スポットまで連れて行ってもらえることに。
しかも先輩が運転するカッコいいオープンカーに乗っての早朝ドライブだった。

サーフィンスポットで有名な国府の白浜

「近畿地方でサーフィンをするなら」と聞かれれば、必ず名前が出てくるという「国府の白浜」
遠浅で緩やかな弧を描く海岸、東に太平洋と朝日の撮影スポットにもピッタリだろう。

地元の方に案内頂き午前4:30、無事に国府の白浜に到着した。

近畿自然歩道の一部

ちょうど目の前に看板が。
この海岸は近畿自然歩道の一部になっているという。

近畿自然歩道とは、福井、滋賀、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取に網目状に広がる長距離自然歩道とのこと。
こちらは、伊勢志摩国立公園内の近畿自然歩道だ。

日の出前の早朝でも、国府の白浜にはサーファーがいる

北側に広がる光景も美しい

いよいよ日の出の時刻、サーファーとともに

太陽を見ると、パワーがもらえるんです

しっかりと太陽が顔を出す

先輩には早朝より1時間ほどお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。
太陽がしっかりと顔を出したところで撮影会終了。

早朝から行くべきスポット

日の出時刻の30分ほど前には、もう明るくなっています。
水平線から太陽が出てくるのを今か、今かと待つ楽しみ、それをカメラに収める楽しみ。

天気、ロケーション、そして案内してくださった先輩、色々な条件がバッチリ揃ったタイミング。
最後に、愛車を撮影させてもらいましたが、ちょっとした失敗をしてしまった。
クルマがピカピカだったので、自分が映り込んでしまった。自宅に戻りデジカメの写真をレタッチしていたところで発覚。

ちなみに、案内してくださった先輩は、インスタグラムでロードスター特集をされているそうです。
味のある写真がたくさん並んでいましたよ。

インスタグラム(u7087jp)