もじ鉄ツアーに触発されて、小樽駅4番線の看板を見に行く

2018年1月、大阪で開催された「もじ鉄ツアー」での話。
著者の石川さんが「小樽駅の4番線がカッコいい」とおっしゃっていた。

とにかく見どころがタップリあるからと、小樽駅に行くキッカケをもらったのだ。

関連記事
もじ鉄ツアー2018 in 大阪 〜鉄道と文字はフォントにおモジろいんだからっ!〜 #もじ鉄ツアー #もじ鉄
#もじ鉄 という遊び方。「もじ急行」というサイトに魅せられて #もじ鉄とわたし

快速エアポート、2本に1本は小樽行

新千歳空港に到着し、地下のJRホームから快速エアポートに乗る。
15分ごとに快速エアポートはあるけれど、小樽駅まで行くのはその半分。
札幌行き、小樽行き、札幌行き、小樽行きと、交互にやってくるのだ。

快速エアポート155号に乗り、いざ小樽へ。

やっぱり広い北海道

きっぷの値段にはビックリしちゃったんですよね。
1,780円もするんだ、、、と。
乗車時間は75分、距離は80km。
確かに80kmで1,780円は高くないけれど、すぐそこまでの感覚じゃないな、と改めて気付くのだった。

ちなみにJR東海だと、名古屋~豊橋が72kmで1,320円也

小樽駅、念願の4番線

特急待ちで5分ほど遅れての到着。
雪がめっちゃ降ってる、ヤバいくらいに寒い。
冬の北海道は、恐ろしいことがいっぱいだ。

ちょうど降り立ったホームの向かいが4番線だった。

同じように撮影してみる

4番と対面、ちょっと緊張。

これが、あの、噂の、あの4番なのかと。
残念なのは「4番」に電気が点いていないこと。
それでも、あの場所で見た写真、映像が目の前にあることにめちゃめちゃ興奮する。

スマホで撮影した分は、ツイッターで共有済み。

ホームの向こう側からも狙う

小さく、小さくしか写らなかったが。
電車のすぐ左側に写っているのが4番線のマークだ。

小樽駅のオモシロさを伝えられるように

今回は、4番線に焦点を当ててみましたが、もう少し面白いものにしていきたいですね。
「続小樽駅」というコンテンツができる予定ですので、少々お待ちくださいませ。

生きることは動くこと

今日の動いた距離

新千歳空港→小樽駅
距離…80km、運賃…1,780円、指定席券…520円