北浦和公園で中銀カプセルタワービルのカプセルが常設展示

北浦和公園で中銀カプセルタワービルのカプセルが常設展示
スポンサーリンク

中銀カプセルタワービル、東京、銀座にある集合住宅だ。黒川紀章先生が設計されたとして有名な建物。1部屋1部屋の居室をカプセル型にして、メタボリズムの代表的な作品となっている。

そのカプセルが、埼玉県さいたま市浦和区の北浦和公園に展示されているのだ。

公園内には埼玉県立近代美術館もある。

彫刻ひろばの中に常設展示されているカプセル

公園内にある彫刻ひろば、その一番奥に展示されているのが中銀カプセルタワービルのカプセルだ。2012年から展示されているという。

突如として置かれているカプセル

近くに案内看板などもなく、そこに置いてあるだけ。知らない人が見たら、なんのことやらさっぱり。

こちらは外側から見た写真。丸い窓が1つあるだけの居室。

こちらが共用部と接続される側。左側のドアが玄関。

玄関側から室内を覗く。

外側の窓。

窓から室内を見たところ。

部屋の広さは10平方メートルほど、4メートル×2.5メートルの長方形サイズ。収納式のテーブルやユニットバスが見える。

ベッドの横には電子機器がズラリ、ソニー製のラジオ、オープンリールなどが並ぶ。

頭上にはテレビ、空調の吹き出し口が。

銀座のビルでは、芸術的価値、建て替えの問題などもあるようです。窓の外から眺められるのは、北浦和公園だけではないでしょうか。屋外の常設展示、無料で入れるエリアですので、いつでもご覧いただけますよ。