MVNOと言われる格安SIM事業者「mineo」のオフ会に参加

オフ会に参加

ユーザーとの距離が近い印象があるmineo
格安SIMと言われるMVNO事業者の一つです。
mineoは、関西圏で光ファイバーの通信サービスを提供しているケイ・オプティコムのサービスで、au端末とdocomo端末が使える数少ないマルチキャリアの1つだ。
今年の1月には契約50万件を超え、今年度中に100万件を目指しているという。
僕もmineoを使っている一人なんですね。

さて、そんなmineoはユーザーとの距離が近いことでも知られている。
mineoユーザー間のコミュニティサイトである「マイネ王」を展開したり、お客さまからのご要望を募り、改善施策に組み込んだりしている。
そんなmineoが、オフ会を開催するとのことで応募したところ、抽選に見事当選し参加してきたのだ。


https://king.mineo.jp/magazines/special/582

ドキドキで会場へ

オフ会には何度か参加したことがあるけれど、やっぱり最初はドキドキするもの。
名古屋駅の地下街を抜け、目的のビルへ。
会場に到着すると、入り口でプラカードを持ったスタッフの方が出迎えてくれた。

掲示板で見ていた人がいる

ユーザー同士の交流が盛んなmineo
マイネ王の掲示板で見たことがある人が近くの席に座っている。
何よりも驚いたのはマイネ王では、ニックネームで活動するのだが名札とアイコン入りの席札が用意されていた。
どの席に誰が座っているのか、とても分かりやすかった。

中の人との交流

実際に、コミュニケーションサイトのマイネ王の「スタッフブログ」を更新されている方や、端末調達に関わっている方、販促部門の方などとの交流ができた。

新商品説明会やマスコミ発表会であるようなスライドによる説明、新しい施策についての意見交換、また最近のネットワーク状況についても説明があった。

ご存じの通り、お昼休みの時間帯は非常に通信が込み合うとのこと。

こだわりを持った人が多い

参加者の中には、ガジェット系が好きな方も多く、ウインドウズフォンを使っていたり、端末を何台も持っている方も。
日々mineoを使っている方々なので、リアルな話をたくさん聞くことができた。

また、スタッフ(事業社)の方とも端末の話やネットワークの話、他社では展開しているサービスの考察などの話を聴くことができた。
何でもかんでも取り入れればいいというわけでなく、得手不得手を考えながら、カラーを出しながらmineoを育てていくとのこと。

ユーザーを招いてのイベントも開催されるので、こまめにマイネ王をチェックすれば、参加のチャンスがあるかもしれません。
auの端末、docomoの端末、どちらも使える便利なキャリア。
新端末も発表されることですので、スマホの維持費削減に向けて、MVNOという選択肢もありかもしれませんね。


リンク

mineo公式サイト
コミュニケーションサイト マイネ王
ケイ・オプティコム公式サイト