旅の思い出ストックには無印良品のメイクボックスがピッタリ

思い出が増える

お出掛け大好きスズキ(@acogale)です

旅行に行ったり、イベントに行ったり。
最近はデジカメが普及したので、写真をプリントすることも少なくなりました。

ただ、依然として残っているもの。
それは、チケットだったり、パンフレットだったり、絵葉書だったり。

いつの間にか溜まってしまうんですよね。
どこかに整理しないと、と思うんですが、なかなか良いアイテムが無かったんです。

 

無印最強伝説

そんなあなたにオススメなのは、無印良品のメイクボックス。
もともと別のモノを片付ける予定で買ったメイクボックス。

それが、とっても便利だったわけです。

 

無印良品ネットストアで購入できます

 

パンフレットが入ること

オススメポイントはこの1点だけ。

パンフレットが入る。

これが一番重要で、一番うれしい。
メイクボックスの長辺は220mm、A4サイズの短辺が210mm。
ということは、3つ折りになっているパンフレットが入るんですね。

パンフレットを残しておく一番よいアイテムではないでしょうか。
本当にぴったり入るんですよ。

 

普段はデスクの上に

僕が「収納」について心掛けているのは、イージーアクセスであること。
すぐに手に取れることが重要。

だから、このメイクボックスは普段使いのデスクの上に。
スタッキングができる仕様なので、上にモノが置きやすい。

ということで、2016年の無駄遣い王「ラマドワーカー」に付いてきたカレンダーを乗せています。
ふちっこが少し盛り上がっているので、モノが落ちないんですね。

 

やっぱり無印すげぇ

どこにでも馴染むデザイン。
機能的な形。
無印良品でモノを買っておけば間違いないと思っていた。

が、ここまでマッチするアイテムになるなんて。
ちょうどよすぎるサイズ感に感激です。

イベントに通い続けたら、どこまでチケットの半券、パンフレットが溜まるのか。
それも一つの目安にして、思い出をストックしていきます。