48書体の「フォントかるた」はデザインが好きなら買っておいて間違いなし

昔からフォントが好きだった

同じ文字でも、フォントが違うだけで印象が大きく違った。
フォントが好きな僕が、少し前に教えてもらったサイト。
もじ急行」という鉄道と文字が好きなサイト。
駅や電車、看板などの文字=フォントが好きらしい。

ますますフォントの美しさにハマり、書体で遊んだりするようになった。
そんな折に見つけたのが「フォントかるた」だったのだ。

箱の文字は、NHK教育テレビで使われそうなフォントだ。

 

48枚の絵札と読み札

amazonで頼んだら翌日に届く便利さ。
本当にびっくりしちゃいます。

さっそく開けてみようと思います。
箱を開けるとリーフレットが1枚

箱の中に入っているものや、遊び方が書いてある。
かるたなので遊び方は知っていると思いきや、読み手なしモードや、一人モードもあることにびっくりだ。

表には「愛のあるユニークで豊かな書体」

かるたの表には、指定のフォントで「愛のあるユニークで豊かな書体」と。
裏には、そのフォント名が書かれている。

読み札は、丁寧な解説が

読み札には

  • フォント名
  • 出版社
  • 簡単な解説
  • そのフォントの文字

が書いてある。

かるたとして遊ぶときは、まずフォント名を読み上げてもらう。
ピンとこなかったら、解説を読んでもらう。
という流れだろう。

よく見るフォントも

メイリオ、MSゴシック、游明朝体。
最近のパソコンでは標準で使われているフォントだ。

MSゴシックはリコーが作ったのか!!と驚きを隠せない発見もあり、読み札の解説はとても面白い。

フォント選びにもピッタリ

48種類のフォントが札になっているので、気になるフォントが探しやすい。
面白いフォント、重みのあるフォント、太いフォント、細いフォント。

僕が気になったのは、この3種類。
裏返せばフォント名が書いてあるのだが。
直感で選べる便利なツールになりそうだ。

展示物としても使えそう

ただただ並べただけでも、味があるフォントかるた。
微妙なカーブの違いや、縦横太さの違い。
遊び心たっぷりなものがあれば、教科書に載っている書体だってある。

机に並べて、額に並べておくだけでも楽しめるような、それ自体が作品の「フォントかるた」だ。

アイデアと美しさ

フォントをかるたにするアイデア。
それをカタチにしたときの美しさ。

厳選された48種類のフォント。
それらがマッチしているからこそ、素敵な作品に仕上がっているのだろう。

この48書体は、いつの間にか覚えてしまいそうだ。
かるた BOLD/リュウミン B-KO/ヒラギノ明朝体 W8/小塚明朝 M/游明朝体 M/A1 明朝/マティス EB/ヒラギノ角ゴ W7/ゴシックMB101 B/游ゴシック体 B/こぶりなゴシック W6/太ゴB101 Bold/MS ゴシック/メイリオ/AXIS FONT ベーシック M/中ゴシックBBB/ゴナB/新ゴ R/新丸ゴ M/ヒラギノ丸ゴ W6/秀英丸ゴシック B/じゅん 34/筑紫A 丸ゴシック Bold/ナールDB/ナウ MU/わんぱくゴシックN B/ナウ GU/ハルクラフト Heavy/ハッピーN H/タカハンド B/くもやじ R/フォーク B/丸フォーク B/カクミン B/竹 B/創英角ポップ体/はるひ学園 L/明石 L/正楷書CB1/角新行書 M/モアリア B/教科書ICA M/ふい字/武蔵野/TB 古印体/勘亭流/プリティー桃 Bold/凸版文久明朝 レギュラー

 

デザインの勉強をしている方、これから学ぼうとしている方。
こんなツールも手元に用意しておくと、視野が広がるかもしれない。

読み札の左上にでも穴をあけて、単語帳のように持ち歩きたいものだ。
お買い求めは下記リンクから、2,600円ほどで買えました。