2016年、一番の無駄買いはノマド+ラーメンの「ラマドワーカー」だ。

ガジェットブロガーの無駄遣い

こんにちは、スズキ(@acogale)です。
ガジェットブロガーの悪い癖。
気になったら何でも買ってしまうということ。

だって、全部記事になるしー、使ってみなきゃ分からないしー。
という考えが根底にある。
ネット通販でそれを見つけたとき、値段や性能よりも気になるのは、いつ到着するかということ。
「その日は何時なら受け取れるだろうか」と、それしか気にしていない。

さて、そんなガジェット大好きなスズキが2016年に買った中で、一番の無駄遣いはこれだ。

 

ラマドワーカー

あのカップヌードルで有名な日清食品、文房具で有名なコクヨの共同開発商品。
仕事に集中したり、インスタントラーメンを食べたりするのに最適な空間を演出してくれるそうだ。
ramad_012
※画像引用…https://store.nissin.com/jp/feature/ramadworker/

税込み4,980円、送料も含まれていた。
つまり5,000円近いお金を出して買ったものとは。

簡単に言ってしまえば段ボール。
ただの段ボールにごせんえん使ってしまった。

ちなみにこちら↓で買えます↓

日清食品グループ オンラインストア

RAMAD WORKER

 

そもそもラマドって??

明言されていないが、「ノマド」+「ラーメン」=「ラマド」なのだろう。
どこでもラーメンを食べる、どこでもノマドワークする。
そういった目的なのだろう。

 

慣例に従い開封の儀

段ボールが2つ届く。
開けてわかったのだが、小さい方の段ボールには、プレゼントとしてカレンダーが入っていた。
この「ラマドワーカー」は、大きい方の段ボールに入っている。

ramad_001

段ボールを開けると、説明書と白い箱が。
中身はこれだけ、他に何も入っていない。

ramad_002

 

説明書を読んでみる。

持ち運び自由なパーソナルスペース。
コンパクトなサイズで組み立ても簡単。
ワーキングモード、ラーメンモードの演出。

ramad_011

ふむふむ、とりあえず広げて組み立てるらしい。
パーツとパーツは、マグネットでくっつく。
というわけで組み立ててみる。

ramad_003

 

組み立て

ramad_004

ramad_005

所要時間30秒。
マグネットがついているので、パチパチ止めるだけ。

 

完成

できた、超簡単だった。
なんかスゴい空間が。

ramad_007

中はブラック、底面はツルツルの加工がしてある。
こうやって眺めると、どことなく仏壇の前にいるようで。
心なしか緊張しているのがわかる。

ramad_008

ラマドワーク中

パソコンを設置して、仕事をしてみようか。
隅のほうには電源コード用の穴、正面にはマグネットで固定する書類クリップ。
ポケットティッシュホルダーにミニフックもある。

ramad_009

 

天井には穴が開いていて、スマホを使ったスポットライト

ramad_006

 

手が込んでいるパーツ

各パーツとも精度が高い。
底面と側面の接合部、マグネットでつくのだが、パーツに合わせて型取りしてある。

ramad_010

 

さて、どうやって使う。

これを持ち歩いてラマドワークするか、
家の中で使うか、
会社のデスクで使うか、

うまく使えば、撮影ボックスに使えるカモ?? というのが結論だ。
ただ、どう見ても仏壇にしか見えない。

ポータブル仏壇として売り出したら、ヒットするかも??

とりあえずはクローゼットにしまっておくだけになるだろう。
2016年、最高の無駄遣いだった。
あぁ、4,980円、、、、