トラックボールを買うなら、エレコムのDEFTシリーズが機能、価格ともに優秀だ

トラックボール愛好家

パソコンの矢印を動かすとき、何を使いますか。
マウスを使う人、ノートパソコンのタッチパッドを使う人、レノボの赤い鼻を使う人。
色々な入力デバイスがある中で、僕はトラックボールがお気に入りです。

7~8年ほど前か、マイクロソフトのトラックボールを使ってからというもの、マウスよりもトラックボールを気に入ってしまった。

エレコムのトラックボール

トラックボールは高価なものが多い。
中には2~3万円するものも。
PCの周辺機器を販売しているエレコムから出ているトラックボールも定価は12,000円ほど。
モデルは「M-DT2DRBK」だ。

ただ、amazonで買うと、4,000円ほどで買うことができる。
これなら、手が届く価格だ。

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 人差し指用 8ボタン ブラック M-DT2DRBK

 

開封の儀

簡易パッケージ版なので、そんなに大したことはなく。

封を開けると、本体、受信機、乾電池が入っている。

以前から、トラックボールを使っているのだが、ボールが動かなくなってしまった。
支持点に使われているパーツがすり減ってしまったのだ。

以前使っていたモデルは右側にある有線のトラックボール。
形も違うように親指でボールをコントロールするモデルです。

会社では、新しく買ったモデルと同じものを使っていたので、僕にとっては買い増しモデル。
人差し指、中指での操作感が非常にラクチンで疲れない。

大きな手でスッポリと

手が大きい僕でも、充分に掴むことができる。
逆に小さな手だと使いづらいのかもしれない。

上下左右にスクロールするダイヤル、エクスプローラーの”送る”と”戻る”ボタンも装備。
そのほかに専用ソフトで割り当てられる機能ボタンが3つ。

これだけボタンがあれば、操作性も抜群だ。

 

是非、エレコムのM-DT2DRBKを試してもらいたい。
机の上が多少汚くても、抜群の操作感を保っていることが一番のポイントかもしれない。

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 人差し指用 8ボタン ブラック M-DT2DRBK