おかでんミュージアムはぬくもりある施設

岡山駅前から路面電車に乗り終着の東山駅へ。
東山駅を降りた目の前にあったのは「おかでんミュージアム」でした。

水戸岡さんとコラボ

事前情報が無いままに伺ってみると、水戸岡鋭治デザインとコラボしているとのこと。
岡山市を走る路面電車「MOMO」をデザインしたのも水戸岡先生でしたね。

さっそく中に。入口では靴を脱ぐように言われます。

木のぬくもり溢れる館内

木製のテーブル、木製の椅子、木製の線路。
テーブルに刻まれた溝は、プラレールの線路だった。

実際にプラレールも用意してあるので走らせることもできる。

別の部屋にはJR九州の車両が

これは水戸岡先生だからだろう。

もちろんミュージアム要素もあるが

おかでんの博物館だと思ったら、そうではなかった。
一部展示はあるが、ちょっとした休憩場所に子供の遊び場ができたような印象だった。

チャギントンルームがある

イギリスのアニメ「チャギントン」の部屋があった。
機関車トーマスのようなものだろう。

結論!下調べしてから行ったほうがいい

キレイな建物、オシャレな空間。
でも、これが「おかでんミュージアム」なの??という印象。
おかでん(=岡山電気軌道)についての資料はほとんどなかったので、目的を間違えると悲惨な目にあう。

入場料は大人1,000円。
ただし、おかでんの1日乗車券を買うと500円になる。おかでん1日乗車券は400円だ。

岡山駅前から東山までは17分。
おかでんミュージアムに行くなら、下調べをしておこう。

ちなみに近くをパッと見渡した感じ、レストランや喫茶店も見当たらず。
目の前にあるデイリーヤマザキでランチタイムを過ごしました。