ブリッジワールド、地上300m明石海峡大橋の主塔に上る

ブリッジワールド、地上300m明石海峡大橋の主塔に上る
スポンサーリンク

兵庫県に住む友人に「面白いところがあるから行くがよい」と言われて向かったのは明石海峡大橋ブリッジワールド。

世界最大の吊り橋と言われる明石海峡大橋の主塔に上れるらしい。とりあえず予約が必要とのことで、予約サイトとカレンダーとにらめっこ。直前にキャンセルがあったようで1席だけ空いていた。

翌日、3,000円を握りしめて明石海峡大橋の真横にある橋の科学館に向かった。

イベント名称明石海峡大橋ブリッジワールド
住所兵庫県神戸市垂水区東舞子町4-114
アクセスJR「舞子駅」徒歩5分
山陽電鉄「舞子公園駅」徒歩7分
開催時間午前の部…09:15~12:10
午後の部…13:15~16:10
開催日4月1日~11月30日の木~日、祝日
※2019年の場合
参加費用大人…3,000円、中学生…1,500円
(※2019年10月1日以降は大人…3,100円、中学生…1,500円)
ホームページhttps://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/
その他参加は中学生以上
参加には予約が必要(定員に満たない場合、当日参加可)
兵庫県神戸市垂水区東舞子町4-114

技術者の案内付き、注意事項がたくさん

受付時間になったら会場に集まる。参加費を払い、指定された場所に着席。
このツアーの概要、注意事項が伝えられる。

そのままビデオによる明石海峡大橋の解説があった。案内して下さる方は実際に明石海峡大橋の建設時に携わった方々。技術者の方がいるというのは心強い。

高いところ、高速道路の真上に行くので、持ち物はきっちり管理されるのだ。とはいえ、カメラやスマホの持ち込み数が厳格に制限されるわけではなかった。

スマホ用に専用ストラップが貸し出された。一眼レフカメラは首からかけられるストラップを付けていたので「必ず首からかけるように」と言われるだけだった。

橋の科学館の解説付き

先日お邪魔した橋の科学館、展示ブースを1つ1つ解説してもらえる。

いよいよ橋の主塔へ

橋の科学館での解説が終わったらいよいよ橋の主塔へ。メンテナンス用の道路を1kmを歩きエレベーターで高さ300mのところまで上るのだ。

1km歩く間も解説がある

参加者にはインカムが渡されているので、解説を聞きながら歩くことができる。
橋の作り、周辺の観光施設、船の話など飽きることがない。

ヘルメットを被ったご一行様がメンテナンス用道路へ。

主塔は道路の継ぎ目

主塔の下に到着。気温や様々な状況で橋は伸び縮みする。夏と冬では3mほど長さが変わるという。

その収縮に耐えられるように、各所に装置がついていた。黒い管は水道管とのこと。神戸市から淡路島に水を送っているらしい。
それが橋の収縮で破損しないように。ここで伸び縮みを吸収するとか。

いよいよ高さ300mの主塔の上に

何人かに別れてエレベータに乗り込み主塔の上へ。
工事用エレベータなのか、眺めはまったく期待できない。それだけにワクワク感が増していく。

エレベータを降り、最後の階段を上る。秘密基地のハッチが開くように、主塔の上に上がることができた。

これが主塔の上だ!海面より289m!

階段を上ったら、そこは主塔の上。通常は入ることができない場所に来ることができた。真下には高速道路が。この眺めは抜群だ。

案内して下さった技術者の方は写真撮影を手伝ってくれたり、光景を解説してくれたりと、ハートフルに対応して頂けた。

20分ほどの自由時間、写真撮影が捗る

自由時間は本当に自由時間、危ないことをしなければ大丈夫な雰囲気だった。
写真を撮るにはぴったりだけれど、天気が良いと暑いことが予想される。

こちらは神戸市側。
左下に写るのは橋の科学館、あそこから出発し、歩いてきたようだ。

東側にはマリンピア神戸や須磨浦山上遊園、奥の方に神戸空港を見つけることもできる。

淡路島側もちゃんと見ることができるのだ。
両端のロープを支える主塔。橋の荷重を受け止めるには、とにかく正確に建設しないといけないとか。その技術に触れることができるツアーだった。

帰りは同じルートを戻ることに。ハッチが開いたら階段を降りよう。

橋、船、いつも通りの明石海峡

僕にとっては特別な日だけれど、世の中はいつも通りの1日。
船が通り、ジェットスキーが通り、高速道路にはクルマがビュンビュン走っていた。

50人ほどの参加者と係員さん、無事に戻ることができそうです。

このまま最初の部屋に戻り、解散となる。
また、記念写真と主塔に上った証明書をお土産にもらえる。

友人氏がオススメするだけの楽しさはあった。参加費3,000円はちょっと高いような気がするが、サポートして下さる係員さんがたくさんいることなどを考えると妥当かもしれない。

2019年は11月30日まで、冬の間はやっていない。涼しい時期になったら、また行ってみてもいいかもしれない。

イベント名称明石海峡大橋ブリッジワールド
住所兵庫県神戸市垂水区東舞子町4-114
アクセスJR「舞子駅」徒歩5分
山陽電鉄「舞子公園駅」徒歩7分
開催時間午前の部…09:15~12:10
午後の部…13:15~16:10
開催日4月1日~11月30日の木~日、祝日
※2019年の場合
参加費用大人…3,000円、中学生…1,500円
(※2019年10月1日以降は大人…3,100円、中学生…1,500円)
ホームページhttps://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/
その他参加は中学生以上
参加には予約が必要(定員に満たない場合、当日参加可)