タイムズカーシェアの料金が複雑に、車種によっては大幅値上げか、2019年10月から

タイムズカーシェアの料金が複雑に、車種によっては大幅値上げか、2019年10月から

シェアリング
スポンサーリンク

安くて使い勝手がよかったタイムズカーシェア。2019年10月1日より料金体系が変わってしまう。個人的な感覚としては大幅値上げ。

とはいえ、うまく利用すれば今までと同等の価格で利用できるので、じっくりと検証する必要がある。

新しい料金プランは3段階

まず、新しい料金プランは3段階に分かれた。

今までの料金は、月額料金に加えて

  • ベーシックorプレミアム
  • 時間制料金or時間料金+距離料金

と分かれていた。

デミオやアクアのようなベーシッククラス、MINIやセレナのようなプレミアムプラス。距離料金もコミコミのショートプラン、6時間パックプラン、距離料金が別の12時間~プランやナイトパック3種。

これが2019年10月1日からは

  • ベーシックorミドルorプレミアム
  • 6時間以上の利用は自動的に距離料金加算

となってしまった。また夜間帯のパック料金は1種類に。随分と値上がりした印象だ。

車種はどう変わったのか

車種区分が3つになってしまったので、どうなったのか一部車種をピックアップ。

車種名2019年9月30日まで2019年10月1日から
デミオベーシックベーシック
ノートベーシックベーシック
ヴィッツベーシックベーシック
カローラフィールダーベーシックミドル
NV350キャラバンベーシックミドル
プレマシーベーシックミドル
C-HRプレミアムミドル
セレナプレミアムプレミアム
MINIプレミアムプレミアム

具体的な料金比較

それでは実際に料金がどう変わったのか検討してみたい。

デミオを3時間借りた場合

2019年9月30日まで2019年10月1日から
時間料金2,472円2,640円
距離料金0円0円
合計2,472円2,640円

カローラフィールダーを8時間借りた場合

日中の時間帯にカローラフィールダーを借りて、200kmドライブした場合

2019年9月30日まで2019年10月1日から
時間料金5,668円8,690円
距離料金0円3,200円
合計5,668円11,890円

旧料金は6時間パック併用、新料金は12時間パック+距離

セレナを48時間借りた場合

日中の時間帯にセレナを借りて、450kmドライブした場合

2019年9月30日まで2019年10月1日から
時間料金14,000円30,690円
距離料金7,200円7,200円
合計21,200円37,890円

新旧料金ともに48時間パック+距離

6時間以上利用すると自動的に距離料金が加算される

料金体系の中で、一番大きく変わったのは「6時間以上利用すると自動的に距離料金が加算される」ところだろう。

今までは、貸し出し時に時間制か、時間+距離制か、選ぶことができた。
時間制の場合は、借りてから返すまでの時間にベーシックなら206円/15分を掛けるだけでよかったのだが。

利用時間が6時間以上になると、自動的に距離料金が加算されてしまうので、往復200kmのところに行ったとき、5時間45分で返却するのと、6時間15分で返却するのでは、時間料金の差に加え3,200円の距離料金の差が出てしまう。

※厳密には4時間45分を超えると6時間まで同料金なのだが。

オリックスのカーシェアと似たような料金体系になってしまった。
タイムズだから!と選ぶ理由が、一つ減ってしまったのだ。

料金体系が複雑になってしまったので、一度ご確認を

今までが安すぎたのかもしれない、そんな印象があったタイムズカーシェア。ビジネスとしての水準を保つなら、この金額設定はしょうがないとも思うけれど。

他社のカーシェアと料金やシステム面での差が縮まってしまった印象があるので、違うところでバリューを見いだしたい。

2019年10月1日から料金体系が変わるので、利用者の方はしっかりと見直してから貸し出し手続きを。ちょっと気軽に使えなくなってしまった、そんな印象だった。