カーシェアはどこを使うのがオトクなの??2019年10月料金改定で差は縮まった

カーシェアはどこを使うのがオトクなの??2019年10月料金改定で差は縮まった

よく利用していたタイムズカーシェアの料金体系が2019年10月から変わるので、他のカーシェアとの比較をしてみます。基本的に税込み表記です。

比較するのは

結論!!料金による大きな差はなし

2019年10月の時点で、各社横並びに近い料金体系になってしまいました。
タイムズもオリックスも並クラス、上クラスの2つだったのが、並・上・特上の3つに分かれてしまった。距離料金の設定、パック料金の見直しなどもあり、ビックリするほどの差がない。

唯一オリックスカーシェアが、6時間以内の利用でも距離料金が加算されるので、6時間以内の利用で、ある程度の距離を走るのであればオリックスカーシェア以外を。6時間を超える利用であればオリックスカーシェアが1割程度安い印象だ

また、6時間以上使うのであれば、レンタカーを視野に入れた方が随分とお得な場合も。早朝・深夜の利用が難しいことはありますが、カーシェアの距離料金16円/kmはちょっと高め。

特にタイムズカーレンタルであれば、キャンペーンなどを併用すると一気に安くなるので、カーシェアより随分とお得に使えそうです。

月額基本料

タイムズ880円
オリックス840円(個人プランA)
カレコ980円
カリテコ1,045円(デラ乗り)

月額料金は1,000円程度の設定が多いですね。一部、月額無料のプランもありますが利用料金がアップ。どれくらい使うか、で決めると良いでしょう。

また、月額料金相当分が無料利用分として使えますので、たくさん利用する方はあまり考えなくてもよいかもしれません。

利用料金

実際の利用料金はどうなのか。いわゆるコンパクトカークラスで比較してみました。

ヴィッツ、ノートクラスを4時間、50km使ったとき

時間料金+距離料金=利用料金
タイムズ3,520円+0円=3,520円
オリックス3,360円+800円=4,160円
カレコ3,360円+0円=3,360円
カリテコ3,344円+0円=3,344円

オリックスカーシェアは距離料金がかかるので少し割高。他のカーシェアサービスだと6時間以内は距離料金が込みになっているところが多いですね。

ヴィッツ、ノートクラスを12時間、400km使ったとき

時間料金+距離料金=利用料金
タイムズ6,490円+6,400円=12,890円
オリックス5,200円+6,400円=11,600円
カレコ5,700円+6,400円=12,100円
カリテコ6,380円+6,400円=12,780円
タイムズレンタカー(参考)6,480円+4,000円=10,480円
燃費15.0km/l、ガソリン150円/lの場合

12時間利用の場合、ベースの料金が安いオリックスカーシェアが目立っています。距離料金はコンパクトカークラスの場合、各社16円/km。燃費で割り戻してみると、ちょっと高めな印象。

代わりにレンタカーを借りたとしたら。距離を使えば使うほど、レンタカーのほうがオトクになりそうです。と言っても、カーシェアのメリットはすぐ使える、24時間使える、ということなので、家の近くにカーシェアステーションがあったら、カーシェアを使ってしまいますね。

補償制度

対人・対物(免責0円)車両補償(免責0円)人身傷害(1名あたり)営業補償等の
免除サービス
タイムズ無制限時価額無制限330円/1利用
オリックス無制限時価額3,000万円
カレコ無制限時価額6,000万円330円/24時間・1予約
カリテコ無制限時価額無制限

大事な補償制度の話。対人対物は各社無制限、車両補償も免責額0円で時価額が補償されます。

違うのは人身傷害。これは車に乗っていた人、ドライバーや同行者の補償をしてくれるもの。3,000万円が多いか少ないか、と言われると、感覚としては人それぞれですが、僕は少ないと思っています。後遺障害を残したら負担は増えるばかり。

安心なのは無制限のタイムズとカリテコですね。
また、タイムズとカレコは事故発生時の休業補償や、タイヤパンクなどの補償されない負担を免除してくれるサービスも提供しています。

まとめ

消費税増税のタイミングで、料金の差が少なくなったカーシェアリング。アプリの使い勝手や、自宅から近いステーションにあるクルマを使うことになりそうです。

状況によってはレンタカーのほうが、ぐっとお値打ちになることも。吟味して使いこなせるようになるといいですね。

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]