ポッピンワッフル@大須 名古屋にできたフォトジェニックなワッフル店

ブログの先輩に誘われて名古屋市中区の大須へ。
東京で言うところの渋谷と下北沢と巣鴨がごちゃまぜになった雰囲気のある大須。

新しいスイーツを攻めてみようぜ!と言われ、連れてこられたのは串カツ田中でした??

【ショップ概要】
店名…Popping Waffle
住所…愛知県名古屋市中区大須2-26-1
営業時間…11:00~18:00
アクセス…地下鉄鶴舞線「大須観音」駅より徒歩2分

串カツ屋に飲み込まれているワッフル屋さん

休日の昼間だったこともあり、ワッフル屋さんには列ができていた。
そのワッフル屋さんは、串カツ田中と餃子の王将に挟まれている。

「ここに行きたかったんだよね」とブログの先輩が言う。
若くてかわいい女性がたくさん並んでいるので「あぁ、最近の串カツ屋さんは、女性にもウケているのかな」と勘違いしたほどだ。

目的のお店は「Popping Waffle」

いかにも串カツ屋さんのテイクアウトブース。
近付いて見てみると、そこはワッフル屋さんだった。
そんな場所に店を構えるのは2018年2月3日にオープンした「ポッピンワッフル」

香港の屋台のおやつ「エッグワッフル」とアイスクリームがミックスした話題のワッフルアイスのお店らしい。

一番人気は「ワッフル」+「アイスクリーム」

メニューは大きく3種類

  1. ワッフルのみ…200円
  2. ワッフル+ホイップクリーム…500円
  3. ワッフル+アイスクリーム…600円

この中で一番人気は、ワッフル+アイスクリーム。
寒い日でもアイスクリームがよく売れているらしい。

と言いながらも、今回は2番の「ミックスストロベリーホイップ」を注文した。

ポッピンワッフルを焼くので混雑しているときは10分ほど待つらしい

お店でワッフルを焼くので、少しばかり時間がかかる。
前に10人ほど並んでいたので、今回は10分待ち。

頼むメニューによっても待ち時間が変わるようだ。

たこ焼き機と間違えるような機械にタネを流し生地を焼く。
デコボコに仕上がるところがオシャレな見た目と、ふわふわモチモチな食感を生み出すのだろう。

ポッピンワッフルのキャッチフレーズは「プチプチワッフルアイス」

ポッピンワッフルが焼きあがるまでの間、お店の周りを撮影。
看板には「プチプチワッフルアイス」と書いてある。

どうやらアイスのワッフルが本命らしい。
ホイップクリームを頼んでしまったので、次回リベンジです。

フォトジェニックなポッピングワッフルが出来上がり!!

商品によっては、カラースプレーやチョコチップなどをトッピングしてくれる。
改めてフォトジェニックなスポットだ、撮影していても面白い!!

いよいよお待ちかねのポッピンワッフル。

ホイップクリームのポッピンワッフルも可愛いじゃないか。
ストロベリー以外にもブルーベリーなどがトッピングされており、チョコソースが掛かっている。

クレープのようだが、ワッフルの食感を楽しんでほしい。
温かくて、ふわふわで、もちもちで、ぷちぷち。
次はアイスのメニューに挑戦してみたいですね。

営業時間は11:00~18:00

改めてショップ概要を
店名…Popping Waffle
住所…愛知県名古屋市中区大須2-26-1
営業時間…11:00~18:00
アクセス…地下鉄鶴舞線「大須観音」駅より徒歩2分
ウェブページ…公式HPフェイスブックページ

大須観音の真正面。
串カツ田中さんに併設されていますので、すぐにたどり着けると思いますよ。

串カツ屋さんの列か、ワッフル屋さんの列か、一瞬迷ってしまいますが。
今回はワッフル屋さんを攻めてみました。

大須観音駅から大須商店街を攻める場合、一番最初に出てくるお店です。
まずはワッフルで大須ぶらり旅を飾ってもいいかもしれませんね。